ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪ミナミの地下街で「真田幸村グルメ」三昧! & 戦国謎解きイベント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大阪夏の陣から400年、そして2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」と、大阪では各地で“真田幸村”ブーム。大阪ミナミ最大の地下街「なんばウォーク」では、“六文銭”“赤備え甲冑”など真田幸村や戦国武将にちなんだ『戦国めにゅう』が味わえる。2016年3月20日まで。 
戦国めにゅうを提供するのは、なんばウォークの36店舗。真田の甲冑の模様に見られる六文銭にちなんだ「六文銭まんじゅう」、トマトを真田丸に見立てた「トマト真田丸」、真田幸村が着用した赤備えの甲冑をイメージした「レッドアーマーパンケーキセット」など。
真田幸村の“赤 KABUTO”を美咲姫牛ローストビーフで考案されたメニュー、真田幸村の赤備えと戦いをイメージしたスイーツ盛りだくさんのパフェ、真田幸村が馬に乗って草原を駆ける姿をイメージした馬刺しもあって、バラエティに富んでいる。場所柄、食い倒れの街・大阪のど真ん中、ミナミということで、味のほうも期待大!
また、400年前のなんばに“タイムスリップ”して謎解きゲームに参加できるイベント「大坂なぞの乱 なんば隠れ城下町からの脱出~徳川来襲編~」も実施。2015年夏に開催されたストーリーの後編にあたり、期間中に税込1,000円以上のレシート提示で参加できる。開催日は、1月30日・31日、2月27日・28日、3月19日・20日(1日1000キット限定)。場所は、なんばウォーク内クジラパーク。1月30日には、「戦国コスプレコンテスト」も開かれる。





※戦国めにゅうの提供期間は、一部店舗によって異なります
なんばウォークhttp://walk.osaka-chikagai.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
・とっておき香港グルメ 見た目グロテスクだけど絶品!「鳩」料理
・【えひめ最新レポ】 瀬戸内の離島で人気急上昇 ご当地新グルメ「レモンポーク丼」
・ジンギスカンが北海道の名物になった理由は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP