体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Tips : スマートフォンで撮影した写真を壁紙にする際、少し加工するとアイコンの見やすさが向上

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真をそのまま Android の壁紙に設定すると、背景と同化してアイコンが見づらくなることもありますが、写真を少し加工してやるとアイコンやホーム画面上のコンテンツが見やすくなります。ここで紹介する方法は、「Google フォト」アプリの編集機能を利用しています。ちなみに、壁紙はフリーの画像を使いました。次の画像は未加工で壁紙に設定した場合です。アイコンと背景の区別がなくなって見えます。

そこで、Google フォトの編集機能を使って、「明るさ」を大幅に下げ、「ポップ」を少しだけ上げると、一枚目の画像のようにグレースケールに近い感じになり、画像の鮮明さは少し落ちますが、アイコンが浮いて見えるようになるので、ホーム画面の見やすさは向上します。

よかったらお試しください。

■関連記事
僧侶手配サービス「お坊さん便」がAmazonで利用可能に
Android版Twitterの最新ベータ版はChromeカスタムタブをサポート
PhotoTime : オンラインの写真を一箇所でタグ付け管理できるギャラリーアプリ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。