ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコツーリズムに最適!? 世界初のソーラーヨット「SoelCat 12」が来年お目見え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地球温暖化が問題視されるようになって久しい。先日もパリで国連の会議が開かれたばかり。

そんな中、太陽光だけで動くという世界初のエコフレンドリーヨットが来年登場する。

・時速14.8キロで6時間航行

オランダ拠点のスタートアップ企業がソーラーヨット「SoelCat 12」を開発し、来年投入すると発表した。

SoelCat 12はソーラーパネルを搭載した屋根付きタイプで、従来のようにガソリンやディーゼルは全く使用せず、完全に太陽光だけで航行する。

60kwhリチウム電池2つを使い、8ノット(時速14.8キロ)で6時間航行可能という。

・洗練されたデザイン

環境に優しいというメリットに加え、建築を学んだデザイナーによるものだけあって、SoelCat 12はとても洗練された印象。

全長11.9メートルの26人乗りで、ちょっとしたクルーズにはうってつけのサイズだろう。

・エコカーに続いて浸透?

開発チームは、環境問題を意識する個人だけでなく、観光地のエコツーリズムなどに活用されることを期待しているようだ。

自動車がディーゼル、ガソリンから電気、水素活用タイプに移行しつつあるように、ヨットも今後エコ化が一気に進むかもしれない。

SoelCat 12

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP