ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カンニング竹山が名演 高齢者の詐欺被害防止キャンペーン動画で思わず田舎の親に電話したくなる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014年の振り込め詐欺を始めとした特殊詐欺によるトラブルや被害は、認知件数が1万3392件、被害総額が約565.5億円にのぼりました(出典:警察庁広報資料『平成26年の特殊詐欺認知・検挙状況等について』)。各所で注意喚起が行われているにも関わらず、その被害件数は年々増加する一方です。

そんな特殊詐欺などによる高齢者の被害を未然に防ぐため、12月3日より、消費者庁・警察庁・金融庁及び内閣府が連携した『“高齢者詐欺被害の未然防止”啓発キャンペーン』がスタート。お笑い芸人のカンニング竹山さんを起用し、離れて暮らす高齢の親を持つ人なら思わずハッとしてしまう、ドラマ仕立てのウェブ動画が公開されました。

動画の中で竹山さんが演じるのは、詐欺の被害に遭ってしまった田舎に住む母親の息子。

騙されてお金を渡してしまった母親の話を電話で聞き、「何やってんのよ……前にも言ったじゃん。気を付けてねって。金渡す? 普通……」と、思わず強い口調で詐欺グループへの怒りを母親にぶつけてしまいます。

申し訳なさそうに黙り込む母親の背中に、こちらまでツラい気持ちが込み上げてきます。

それでも後悔やバツの悪さを抑えきれずに、「どう考えたってさぁ、俺がそんな大金頼むわけないじゃない。俺にさぁ、一本電話かけてよ! 確認してよ! もう……」と、責め立てる竹山さん。

すると母親は、息子と二人で撮った写真を見つめながら、声を絞り出すようにつぶやきます。

「歳、取ったんかねぇ。あんたが……助かればと思うたんよ」

「俺が……俺がもっと、連絡とってれば……」という竹山さんと同様に、離れて暮らす親になかなか連絡してあげられず、思わず反省してしまう人も多いのではないでしょうか。

「オレオレ詐欺を防ぐのは、オレだ」「毎日話せば、詐欺は防げる」というメッセージがズシンと伝わるこの動画は、日本アカデミー賞優秀監督賞受賞作『眉山 びざん』『ゼロの焦点』をはじめ、『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『のぼうの城」など、数々の話題作を手掛けた犬童一心監督の演出によるもの。さらに、人気上昇中のアーティスト、吉田山田が書き下ろし楽曲『母のうた』を提供しています。

この動画を見て、今すぐ、そしてなるべく頻繁に、離れて暮らす親に連絡をとってみようと思う人も多いはずです。

普段からキレ芸を得意とする竹山さんですが、詐欺グループへの怒りを母親にぶつけてしまうやるせなさを見事に体現した、犬童監督も大絶賛の演技にも注目です。

高齢者詐欺被害の未然防止WEB動画 『毎日話せば詐欺は防げる』篇(YouTube)
https://youtu.be/qOixdPrsql8

政府広報オンライン特集ページ“高齢者詐欺”:
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/korei_syohisya/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP