ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なんだか臭う…」の危険信号!お疲れサインの「疲労臭」かも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

疲労臭に悩みを抱える人が増加

加齢臭やワキガなど、体臭にかかわる悩みを抱えている人も多いはず。その中でも最近、「疲労臭」に悩む人が増加しているようです。疲労臭とは、体が疲れた際に発生するツンとしたにおいのことで、忙しい毎日を過ごす人なら誰にでも起こり得ます。特に女性において疲労臭を気にする人が多いようです。

体臭というと汗をイメージされるかもしれませんが、汗はほとんど無臭です。毛穴から出た皮脂などの分泌物が皮膚の常在菌に分解されて雑菌が発生すると、いわゆる「汗臭く」なります。一方、疲労臭は皮膚に発生した雑菌ではなく、体内からでるアンモニアが原因となってツンとした体臭になります。

原因となるアンモニアは、タンパク質が分解したときにできる成分です。筋肉疲労の回復や腸内細菌の働きでできたアンモニアは、肝臓で尿素に分解されてから腎臓に運ばれ尿として排泄されます。そのため、通常であればアンモニアは体内に蓄積されることはありません。しかし、疲労などにより肝機能が弱まると、アンモニアを分解する能力が弱まり分解できなかったアンモニアが血液によって全身を循環し、皮脂や汗に含まれます。これがいわゆる「疲労臭」です。特に女性は化粧品を使用するため、その化学成分と反応して強く感じることになります。

大きな原因は疲労と肝機能の低下

では、疲労臭はどんな時に発生するのか。大きな原因は、疲労と肝機能低下です。
・過労気味・・肉体疲労により代謝が低下しやすい
・ストレスが多い・・精神的な疲労も代謝を低下させる
・肥満気味・・脂肪肝の場合、肝機能が低下している
・お酒をよく飲む・・大量のアルコール分解により肝機能が低下する
・便秘がち・・宿便がアンモニアを発生させ血流に乗ってしまう

「疲労臭」の予防には、なんといっても疲れをためないこと、生活習慣をあらためることが重要です。具体的には食事や睡眠を改善して規則正しい生活を意識し、植物繊維と善玉菌を増やす食材を摂取し腸内環境を整え、ストレスを軽減してアルコールはほどほどにし、シャワーでなく湯船に浸かって疲労を回復し血流を良くします。

最近、ミョウバンが入ったアンモニア臭を抑えるデオドラント剤が人気のようですが、このミョウバンの成分の一つであるアルミニウムは、体内への蓄積が多いと言われています。そして、このアルミニウムによってホルモンバランスが崩れ、代謝が悪くなります。結果として、疲労臭が継続することになるので使用は控えられた方が無難でしょう。

疲労臭にはオルニチンやクエン酸が有効的

ストレスが溜まるのも食生活の乱れが原因の一つになっています。よく言われるのは、疲労臭にはオルニチンやクエン酸が有効的とされています。オルニチンは、疲労の素となるアンモニアを肝臓で分解するために必要な成分です。そして、尿素に変換して全身疲労を回復させます。また、クエン酸は疲労の解消を手助けする成分で、すっぱい食べ物に多く含まれます。

ここで問題なのは、オルニチンが疲労臭の特効薬的な表現が多いことです。肝機能が低下してオルニチンが減少すると、アンモニアが蓄積するのは間違いありません。このオルニチンは、アルギニンというアミノ酸から作られます。さらにアルギニンは、ヒトが肝臓で作ることができるアミノ酸の一つですが、他のアミノ酸(必須&非必須アミノ酸※1)が少ないと作ることができません。

サプリメントの活用で肝機能を保つ

疲労臭を本当に無くすには、肝機能を上げるため人に必要なアミノ酸を植物性100%のプロテインサプリメントから積極的に摂取することが大切です。また、クエン酸のような疲労回復物だけでなく、マルチビタミンミネラルのサプリメントを活用され肝機能を保つことが有効でしょう。

そして、ウコン(クルクミン)も肝機能を上げる効能があるため、補助として摂取してもいいかもしれません。腸内環境を整えるために水分をしっかり飲み、ビフィズス菌などの善玉菌の補助とするのも良い方法です。

【※1必須&非必須アミノ酸】
9種類の必須アミノ酸
トリプトファン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・バリン
ロイシン・イソロイシン・ヒスチギン

11種類の非必須アミノ酸
アルギニン・グリシン・アラニン・セリン・チロシン・システイン
アスパラギン・グルタミン・プロリン・アスパラギン酸・グルタミン酸

(加藤 晴之/サプリメントアドバイザー・健康セミナー講師)

関連記事リンク(外部サイト)

「秋バテ」対策に今からやるべきこと
花粉症対策に「腸能力」アップのすすめ
死角なし「相撲健康体操」で運動不足を解消

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP