ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蟲ふるう夜に 活動終了&ラストライブ開催発表……そして“mushifuru project”へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 思い通りにいかない現実に翻弄されながらも、まるでドでかい光の塊のような音楽を必死に叩きつけてくるロックバンド 蟲ふるう夜に。結成8周年の本日2015年11月28日 活動終了を発表し、ラストライブを開催する事が決定した。

 2015年11月28日に結成8周年を迎える蟲ふるう夜には“蟲ふるう夜に”としての活動を終え、新たに“mushifuru project”へと活動を移行することが決定。蟲ふるう夜にの活動の集大成として、2016年2月6日には恵比寿ガーデンルームでラストワンマンLIVE【pupation】を開催する。

 2007年11月28日に蟻(当時はb,vo)、慎乃介(g)、郁己(dr)の3ピースバンドとして活動を開始した彼ら。2012年には春輝(b)が加入し、現在の姿になった。この1年は慎乃介のフィッシャー症候群による戦線離脱や、クアトロワンマンLIVE直前での蟻のインフルエンザ罹患による延期など、数々の困難に直面し、それらを乗り越えてきた。同時に、メンバー間での足並みのずれが発生した時期も。

 その過程で蟻の「どんなことがあろうともこの活動を止めない」という想いが強くなり、蟻を中心としたプロジェクトへと移行することに。慎乃介、郁己、春輝はプロジェクトメンバーとして参加する。

 来年2月6日のラストワンマンLIVEのタイトル【pupation】は、蛹化(ようか)、蟲がサナギになることを意味している。現状を一旦破壊、その上で再構築し、脱皮に至るプロセスを示唆するタイトルだ。チケット販売などの詳細情報は後日発表となる。

◎蟲ふるう夜に 蟻(vo)コメント

私が初めて組んだバンドであり、名付け親となった“蟲ふるう夜に”という名前にはとても愛着がありました。けれども、その名前を置いていく事を決めました。

周りのバンドがどんどん解散していく中で、今年は“蟲ふるう夜に”にも初めての解散の危機がありました。「終わってしまう」そう思うと涙が出て止まらなくなり、私は「“蟲ふるう夜に”の歩みを止めたくない、止めてはいけない」と強く想いました。「私が止めると言わない限り終わらせない」という気持ちが生まれてきて、私を中心とした“mushifuru project”という活動形態にすることを決意しました。

変わらずにある為に、変わり続ける事。音楽を続けていく中で夜が明けるみたいに心が救われてきた事。そういうことを忘れず、この先も自分自身と仲間が自由に音楽を表現できる居場所を“mushifuru project”で作っていこうと思います。これからはより多くの人へ、世界も見据えて、一人一人に特別な一曲を届けてきます。ファンの皆には信じてついてきて欲しいなって思います。

来年2月6日、“蟲ふるう夜に”最後のワンマンLIVEでは、初期の曲はベースを持って歌おうかと思っています。この8年間のことを大切に振り返り、先へと進む時間にしますので、是非、観に来てください。

応援してくれてる人、この文章に目を通してくれている人に心から感謝します。
最後まで読んでくれて、ありがとう。

2015.11.28 蟲ふるう夜に 蟻

関連記事リンク(外部サイト)

蟲ふるう夜に【月下の音楽祭】で新曲披露 GOMESSとの姉弟コラボや日本一純朴なドラマーの生誕祭も
蟲ふるう夜に【月下の音楽祭】フロアで360°ワンマンライブ開催決定
蟲ふるう夜に GOMESSも参戦した衝撃ワンマン 寄生虫のよう蔓延る思念を蹴散らす

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP