ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】スーパーマリオメーカー自作ステージの世界ランク1位の漫画家が詐欺行為か / 全国から怒りの声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WiiUの人気ゲーム「スーパーマリオメーカー」は、かつてファミコンで人気を博したゲーム「スーパーマリオブラザーズ」などのステージを自作し、インターネットに公開できる画期的なソフトだ。

・詐欺行為をしたのではないか?
おもしろいステージはプレイヤーから「いいね!」をもらうことができ、その「いいね!」が増えると、おもしろいステージの制作者としてランキングに掲載される。そのランキングの世界ランク1位になった日本人の漫画家が「詐欺行為をしたのではないか?」と物議をかもしている。

・世界ランク1位になった理由
問題視されているのは、コロコロコミック系漫画家のピョコタン先生。彼は「いいね! をつけてくれた人のコースを必ずプレイしに行きます!!」というタイトルでステージを作成し、インターネット上に公開。すると、多くのプレイヤーが彼のステージを遊び、世界ランク1位になったのである。

・「いいね!」をかき集めるだけのステージ
ちなみにステージは「最悪」といえるほどつまらない。単に「いいね!」だけをガッポリとかき集めるだけのステージだったのである。まあ、まだそれだけならば炎上することはなかっただろう。問題はここからだ。

・大多数のステージはプレイしないまま放置
「いいね! をつけてくれた人のコースを必ずプレイしに行きます!!」というタイトルのステージを作っておきながら、彼は「いいね!」をしたプレイヤーのステージをプレイしていないのだ! いや、厳密に言うならば、少しはプレイしたけど大多数のステージはプレイしないまま放置されているのである。

・詐欺行為と言われても仕方がない
これには多くのプレイヤーがブチギレ。ピョコタン先生に対して多くのプレイヤーから怒りの声が寄せられている。まさに詐欺行為と言われても仕方がない。

・プレイヤーに恩を返すことなく放置
しかも、最終的にステージは削除されてしまい、ピョコタン先生に「いいね!」をしたプレイヤーの情報が消えてしまった。よってピョコタン先生は、ステージ制作者としてのランクはトップクラスに上がったものの、支えてくれたプレイヤーに恩を返すことなく、放置しているのである。

・なんらかの奉仕をするべき
今後、詐欺ではないことを証明したいのであれば、全世界の「スーパーマリオメーカー」プレイヤーに、なんらかの奉仕をするべきではないだろうか?

https://youtu.be/cohYQsUU8Zs

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/11/27/mariosagi/

Via: ピョコタン先生のTwitter

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。