ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジワジワと感じる苦味と「濃厚牛肉」がたまらないビーフ角切りカレー / ベンガル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビーフ角切りカレーダブル
1600円

カレーは辛い料理。誰もがそういうイメージを持っているかもしれないが、究極を求めると、辛さの中に苦味がある事がわかってくる。そう、カレーの真のおいしさを追求すると、苦味とコクが重要だということに気がつくのだ。

・コクを生むのが難しい
カレーとしての美味しさを保ちつつ、辛さと苦味を保とうとすると、今度はサラサラで爽やかな仕上がりになり、コクを生むのが難しくなってくる。インドでは、コクを感じさせるためにカレー以外のナンやライス、ヨーグルトに工夫をし、カレーや煮込み料理にコクを与えている。

・強いコクを与えるカレー
だが、スパイシーで爽やかなカレーに、日本特有の「肉の角煮」をプラスすることで、素晴らしくパーフェクトに近いカレーが生まれる。そう、辛さと苦味を感じさせつつ、強いコクを与えるカレーだ。

・風味を盛り上げる角煮
もちろん、単に角煮をカレーに入れればよいわけではない。カレーのスパイスに同調し、さらにその風味を盛り上げる角煮を作り上げなくてはならない。その角煮をクリエイトすることが、至難の業なのである。

・「カレーに入れることで角煮が美味くなる」という理論
角煮がくわわることによって、カレーの辛さと苦味を鈍くしてはならない。あくまで角煮として単体で完成されている必要があり、それには「カレーに入れることでカレーが美味くなる」のではなく「カレーに入れることで角煮が美味くなる」という理論で作ることが重要となる。そう、角煮はカレーの具ではなく、カレーと同等の立ち位置で存在していなくてはならないのだ。

・すべてが揃ったパーフェクトに近いカレー
辛さ、苦味、爽やかさ、強いコク、そのすべてが揃ったパーフェクトに近いカレー、それは秋葉原の『ベンガル』で食べられるビーフ角切りカレーダブル。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/11/24/curry-kakuni/

ベンガル
住所: 東京都千代田区外神田3-10-12
時間: 11:30~15:00 17:00~21:00
休日: 月曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13006361/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP