ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

札幌・岩手開催無料参加権&創作支援も! 小説投稿サイト『E★エブリスタ』が『文学フリマ』出店

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

オールジャンルの文学同人誌即売即売会『第21回文学フリマ東京』が2015年11月23日に東京流通センター(TRC)第二展示場で開催され、約700のブースが出店、参加者約3500人を集めました。
今回は小説投稿サイト『E★エブリスタ』と提携し、『文学フリマ』出店者の作品の一部を無料で閲覧可能な『立ち読みカタログ』を提供。100から200ほどの作品が登録された作品の中での投票企画を実施し、創作支援プログラムとして金賞3名に新刊印刷費補助10000円、銀賞5名に2016年7月23日に開催の『第一回文学フリマ札幌』、2016年9月24日に開催の『第一回文学フリマ岩手』への1ブース分の無料参加権が贈られました。

PC・スマホ・タブレットから簡単に作品が登録できる『E★エブリスタ』。『文学フリマ』にもブースを出店し、利用者からの質問などに対応していました。
芹川太郎・エブリスタ取締役によると、「エブリスタと文学フリマでは一緒のことをしているようでこれまで交流がなかったので、面白いことができないか」という発想により今回の提携が実現したといい、「小説作品のチェックには時間がかかります。そこで数週間前から読めて吟味できる場を提供しています」と来場者側にとっての『立ち読みカタログ』のメリットを強調します。
また、「今後は創作文芸のインフラとして定着したい。『エブリスタ』から商業デビューするケースも増えているので、そういったことをもっと認知してもらいたいですね」(芹川氏)と、より多くの人に読んでもらうためのツールとして、創作文芸同人の中で存在感を増すことを狙っていく意向を示しました。

一方の『文学フリマ』の望月倫彦代表は、「小説だけでなく、エッセイや詩も登録できるのが良いですね。登録数200というのには手応えを感じています」とコメント。今後の地方開催も含めて、お気に入りの作品を探すツールとしてより役立つためには、登録作品数の増加や登録の際の簡便化が図られる必要がありそうです。

E★エブリスタ
http://estar.jp/ [リンク]

文学フリマ公式サイト
http://bunfree.net/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP