ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“朝活”の次は“昼活”ブーム!? 半数以上が興味ありと回答『ランチタイム意識調査』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

“朝活”の次は“昼活”ブーム!?

ランチタイムを有効利用する“昼活”がブームのきざし!?――2009~2010年にかけて、勉強会や趣味、習い事など出勤前のひとときを有効利用する“朝活”が、サラリーマン・OLの間でブームになりましたが、近ごろ昼活のほうに注目が集まりつつあります。森永乳業が、2011年5月に実施した『ランチタイムに関する意識調査』では、半数以上が昼活に「非常に興味がある」「やや興味がある」と回答しました。

『ランチタイムに関する意識調査』は2011年5月30~6月1日の3日間、20~30代のフルタイムで働いている男女500名を対象にインターネットで行われました。まず「ランチタイムをきちんととることができていますか?」という質問には、「ほぼ毎日きちんととれている(79.8%)」「ある程度とれている(16.2%)」と約95%がランチタイムをとれていると回答しています。「ランチタイムはどのように過ごしたい?」という質問(3個まで選択可能)には、「仕事のメリハリをつけるためのリフレッシュ・リラックス時間(88.6%)」がダントツでトップに。「同僚との親交を深める交流時間(30%)」を大きく引き離しています。

『ランチタイム意識調査』

「ランチタイムは食事以外にどんなことをして過ごすことが多い?」と実際のランチタイムの過ごし方と、「どんなことをしてすごしたい?」と理想をたずねたところ、理想と現実のポイント差が大きかったのは「マッサージ(14.6%差)」「エクササイズ(11.6%)」で、「行きたいけれどなかなか行けない」人が多いようです。「昼寝」や「瞑想」なども人気がありました。

昼活に興味を持つ理由としては「自分がしたいことをする時間が足りないので、時間を効率よく使いたい(30代女性)」「朝活は時間に厳しいが、昼ならなにかしらできそう(20代女性)」「食事がすめば時間が余っているから(30代男性)」「昼にストレスを発散したら午後の仕事を頑張れそう(20代女性)」などの意見がありました。たしかに、お昼にリフレッシュできたら、午後からの仕事もがんばって乗りきれそうですね。

PARM×relax ランチタイムほっこりコース

都内では、日本財団ビルロビーで開かれるランチタイムコンサート(毎月第2・4水曜日、12:10~12:50、無料、赤坂)や、スタジオヨギーTOKYOのランチタイム向けの『チェアヨガ』(毎週木曜日、12:15~12:45、1000円、日比谷)など、ランチタイム向けの手軽な昼活メニューがすでに登場しています。森永のアイスクリームバー『PARM』とリラクゼーションサロン『relax』は、11:00~14:00限定で肩腰&足裏のリラクゼーションを約40分受けられる『ランチタイムほっこりコース』を8月31日まで全国76店舗で実施中。最寄りのお店で確認&予約をしてみてはいかが? 

身近な“昼活”メニューはまだまだもっとあるはず。自分にピッタリなものを見つけて、よりよいランチタイムを過ごしましょう。

日本財団ランチタイムコンサート
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/bow/concert.html
チェアヨガ 30min. ~着替えずにできるヨガ~
http://www.studio-yoggy.com/yoggy/t07217.html
PARM×relax ランチタイムほっこりコース(価格は各店舗に確認)
http://parm-ice.jp/lunchtime/relax/
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。