ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今秋の紅葉、遅くない? 滋賀・京都の平均気温を見てみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

11月の後半の連休なのにまだ青葉が目立つ

筆者は毎年、11月後半の連休は紅葉の撮影に大津・京都の名所を巡るのですが、紅葉がピークを迎えているはずなのに、青葉が目立つ場所が多いのです。

画像は本日11月21日、滋賀県大津市の皇子が丘公園で撮影したカエデ林です。例年、今の時期は全体が紅く染まっているのですが、青葉が目立っています。

Facebookの京都・滋賀グループに投稿される紅葉画像を見ても、青葉が目立つものが多いです。

YOMIURI ONLINEではこんな記事もUPされました。

晩秋になっても、東日本と西日本の平野部では、紅葉が進まない異常事態が続いている。

 11月上旬の平均気温が、平年より1度以上高く晴天も少なかったためだ。専門家は温暖化の影響を指摘しており、青々と茂るカエデを前に、紅葉の名所ではイベントの時期を変更する動きも出ている。

参照:http://www.yomiuri.co.jp/national/20151121-OYT1T50105.html

滋賀県・京都府の11月の平均気温


気象庁の情報によると、11月の平均気温は平年よりかなり高かったことがわかります。
参照:http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/tenkou/alltable/tem00.html

気になる夜間ライトアップの終了日

各名所では夜間ライトアップが開催されていますが、期間終了日が気になりますね。滋賀県大津市内では三井寺・石山寺が29日まで、日吉大社が30日まで。京都市内では12月上旬までのところが多く、永観堂が12月3日まで、清水寺・大覚寺・宝厳院が12月6日まで、嵐山花灯路は12月20日まで開催予定となっています。三井寺・石山寺はちょうど紅葉がピークになった時点で終了となるので、もう少し延長してほしいところです。

まとめ

今秋の関西の紅葉は進行が遅い分、12月始め頃まで楽しめそうです。京都市内の名所はかなり混雑しているようですので、遅くなった分、見物客が分散されるといいですね。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: yasuu_kusayan) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP