体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コンビニ3社飲み比べ】グリーンスムージー、味の違いを徹底調査!

最近、コンビニ店頭でもよく見かけるようになった「グリーンスムージー」。

しかし、家で毎日ミキサーを回してスムージーを作るのって結構面倒ですよね…。

foodpic6560411-1

できることなら手軽に飲みたい、続けたいっ! そこで気になるのが、コンビニで手軽に買えるそれぞれのスムージーの味わい。

ひとくくりに「グリーンスムージー」といっても、実はコンビニ各社で色も味わいも全然違うんです!

どうせ飲むなら、自分の好みの味を見つけたいですよね。 

ということで今回はサークルKサンクス、セブンイレブン、ローソンの3社で販売されているグリーンスムージーを徹底比較してみたいと思います!

その前に、まずはこちらについてご説明を。

 

野菜ジュースとどう違うの?

foodiesfeed.com_making-healthy-smoothie1

加工の際に加熱処理などを行う「野菜ジュース」と異なり、「グリーンスムージー」 は生の野菜や果物をそのまま使います。 そのためビタミンCなどの栄養素を損なうことなく摂取することができます。

また、野菜ジュースには含まれない食物繊維も、グリーンスムージーならしっかり摂ることができるので、お通じがよくなったり、血糖値の上昇をゆるやかにしたりといいことずくめ!

より栄養摂取を考えるなら、野菜ジュースよりはグリーンスムージーの方がおすすめかもしれませんね。

 

すっきりとした甘さがイイ!ローソン「グリーンスムージー」

foodpic6560421-1

 甘さ:☆☆☆

飲みやすさ:☆☆☆☆☆

栄養満足度:☆☆☆☆

価格
178円(税込)

容量
200g

カロリー
80kcal

製造元
めいらく(スジャータ)

原材料

・野菜(11種類):ケール、さつまいも、にんじん、こまつな、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつば

・果物(3種類):キウイ、りんご、レモン

飲んでみた

最初にご紹介するのは、ローソン「グリーンスムージー」。 ナチュラルローソンのロゴとテーマカラーである深い赤「バーガンディー・レッド」のフタが目印です。

こちらは2015年5月に発売後、なんと3ヶ月で350万本を越えるという大ヒット商品! これ1本で1食分の野菜118gを使用しています。 ケールやクレソンが入っているというと、緑の苦味や臭さがあるのかな?というイメージがありましたが 実際に飲んでみると、その人気の高さが実感できました。

foodpic6560436-1

色は深い緑。観察すると白いつぶのようなものが見えます。

混ぜてみると、あとで説明するサークルKサンクスの「グリーンミックススムージー」のサラサラ感と、 セブンイレブンの「グリーンミックススムージー」のトロトロ感のちょうど中間といったところでしょうか。

葉野菜以外にはスムージーでは珍しく、根菜であるさつまいもが入っています。

1 2 3次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。