ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、ソーシャルサービス「Google+」のリデザインを発表、WEB版のUIを大幅刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google がソーシャルネットワークサービス「Google+」のメジャーアップデートを発表しました。今回のアップデートでは、サービス画面やアプリの UI をデスクトップからモバイルにわたって一環した外観に変更したほか、サービス自体をコミュニティとコレクションを中心に利用するような仕組みに変更されています。Android アプリにおいては、従来から大きく変わったところはありませんが、PC 向けの WEB 版は Android アプリの Material Design を採用するなど一新しています。また、Android アプリでは、従来はプルダウン式だったメニュー表示がスライドメニューに移動し、コレクションやコミュニティなどのメニューの種類に応じてアクションバーの色が変化するようになるなど、外観と操作方法が若干変わっています。Source : Google

■関連記事
Cyanogen、11月のセキュリティパッチを適用した「CyanogenMod 12.1」のSnapshotビルドをリリース
Samsung、Galaxy Note 5の最近の出荷分にSペンの向きを明記
Android版「Googleフォト」がv1.9にアップデート、空き容量を増やす機能やSDカードのサポートなどが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP