ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

被写体の裏まで撮影でき空間写真アプリ「Fyuse」の新バージョン v3.0がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Fyusion が被写体の裏まで撮影でき空間写真アプリ「Fyuse」の新バージョン v3.0 をリリースしたと発表しました。Fyuse はスマートフォンまたは被写体を動かしながら撮影することで 3D 写真を作成し、アプリのコミュニティに投稿できるソーシャル機能を備えたカメラアプリです。例えば、ぐるりと回るようにして撮影すると、被写体を全方向から閲覧したり、人物を異なるアングルで撮影し、一枚の空間写真としてシェアすることができます。v3.0 では UI の刷新が行われており、特にフィードのデザインがグリッド式になって一度に多くのフューズ(空間写真のこと)を確認できるようになったほか、フューズのロード時間も短縮されています。また、「ティルト」と呼ばれるアプリの新たな指標が追加されており、投稿した空間写真のティルト操作の回数で他のユーザーからの人気度などを確認できるようになっています。「Fyuse」(Google Play)

■関連記事
PQI Japan、USB Type-C・USB-A対応のUSB 3.1メモリ「PQI Connect 313」を発売
Android 6.0 Marshmallowの節電機能を模したAndroidアプリ「Doze」がリリース、Android 4.1以上で利用可能
HTC One M9とNVIDIA SHIELD Tablet向けのCyanogenMod 12.1 Nightly(公式版)がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP