ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

走る美術館「現美新幹線」に乗せた思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜金)夜の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。11月11日のオンエアでは、ゲストに株式会社トランジットジェネラルオフィス 常務執行役員の岡田光さんが登場し、現在進行中のプロジェクト「現美新幹線」について語りました。

ゲストの岡田さんが、常務執行役員を務めるトランジットジェネラルオフィスは、海外の食文化をいち早く日本に上陸させたり、町全体を巻き込んだアートイベントを手がけたり、常に世間の耳目を集めるような、さまざまな事業を行っています。そんな同社で、岡田さんが最初に手がけたのは、中目黒にあるホテル「クラスカ」。岡田さんがさまざまな外資系ホテルに勤務した経験を生かし、コミュニケーションの生まれる空間を意識したホテルは、今までにないホテルとして注目を集めました。

そして、現在進行中のプロジェクトが、JR東日本と一緒に展開している「現美新幹線」。最近手がけた、八戸線を改装した走るレストラン「TOHOKU EMOTION」が大好評だったことを受け、岡田さんが手がけることになったのだそうですが、一体、どんな新幹線になるのでしょう。

「現美新幹線」は、越後湯沢から新潟間を走る現代美術をテーマとした新幹線。そのコピーは、「世界最速、芸術鑑賞」なのだそう。まさにあっという間のひとときですが、岡田さんは、あっという間だからこそ特別ではなく、日常的にアートと触れ合う機会になればと考えたのだそう。

現代美術をテーマにした理由の一つには、越後妻有で「大地の芸術祭」という世界最大規模の国際芸術祭を開催するなど、新潟が現代美術と共生する素地があったこと。さらに、この新幹線が走る区間はトンネルが多いので、外の景色だけではなく、中でも景色を楽しんでもらいながら、美術に触れてもらいたいという思いから。たとえば、カフェテリアの隣にあるキッズスペースでは、アートにどんどん触ることができ、子どもたちの手によって可変していくようなアートもあるのだそう。たしかに現代美術をわざわざ見に行かない人も、移動という手段も兼ねた空間なら、現代美術に開眼する機会になるかもしれませんね。

外装は蜷川実花さん。ほかは東京谷中の現代美術ギャラリー、白石コンテンポラリーアート「SCAI THE BATHHOUSE」が手がけています。「現美新幹線」は来年の春から運行の予定です。春旅の予定にいかがですか。

【関連サイト】
「LOHAS TALK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP