ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、初のカスタムCPUを採用した14nmの新SoC「Exynos 8890」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 11 月 12 日、モバイル向けプロセッサ Exynos ファミリーの新しいプレミアムモデルとして「Exynos 8 Octa」を発表しました。Exynos 8 Octa シリーズの第一弾として発表された「Exynos 8890」は、Samsung 初のカスタム CPU を採用した 14nm FinFET プロセスで製造される SoC です。CPU は、ARMv8 をベースに独自の拡張を施したカスタムコア x 4 基と Cortex-A53 × 4 基の big.LITTLE 構成となっており、Exynos 7 Octa(7420)と比較して、処理性能は 30% 向上しつつも、電力効率は 10% 改善されています。GPU には ARM の現行最上位モデル「Mali-T880」を採用しています。Exynos 8890 にはマルチモードの LTE モデムも統合されており、LTE はカテゴリ 12 / 13 までをサポートしています。スループットは下り最大 600Mbps / 上り最大 150Mbps です。Samsung は Exynos 8890 を今年後半より量産を始めると明らかにしましたが、どの機種に搭載するのかなどの具体的な情報は公開していません。Source : Samsung

■関連記事
コヴィア、9,800円+税のAndroid 5.1スマートフォン「FLEAZ Neo」を発表
BlackBerryのAndroidスマートフォン第二弾“Vienna”の噂が浮上、リーク画像も公開
任天堂のスマートフォンゲームは今のところ全て基本プレイ無料(アイテム課金付き)らしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP