ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パーツの付け替えで怒りの表情も! マスターピースZOIDS『MPZ-02 セイバータイガー』発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
mpz02_01

トミー(当時)が1983年から展開していた『ゾイド』に、新たなデザインと解釈を加えた1/72スケールモデル“マスターピースZOIDS”シリーズ。既に2015年4月には『MPZ-01 シールドライガー』が発表されていますが、その第二弾として『MPZ-02 セイバータイガー』が2015年11月12日より通販サイト『タカラトミーモール』などで予約受付をスタート。発売は2016年3月中旬予定となっています。

『ゾイド』ファンにはおなじみ、ゼネバス帝国が開発した『サーベルタイガー』のガイロス帝国仕様、『セイバータイガー』
『シールドライガー』に対抗する帝国軍のライバル機として、武器パーツを増強し、『シールドライガー』を上回るパーツ数や武器パーツにより、帝国軍らしい迫力のある真紅でスマートなボディが再現されています。

mpz02_02

顔のパーツは付け替え可能で、威嚇するような怒りの表情にすることもできます。牙を強調した状態と合わせて、その精悍さを堪能したいところ。また、リアルサウンドとライトギミックにより、咆哮や鼓動といったアクションが表現されます。

mpz02_03

肩などのクリアパーツの内側には、よく見るとリアルなトラ模様がデザインされています。

mpz02_04

ロック式キャップは専用の工具を使い脱着可能。フィギュア1体と台座が付属しており、台座に乗せることで歩行ギミックを楽しむこともできます。

mpz02_05

メーカー希望小売価格は13000円(税別)。全長30cmという大きさやそのリアルさも『ゾイド』ファン、それも帝国軍ファンのハートをつかむ機体に仕上がっていることは間違いなさそうです。

マスターピース ゾイドオフィシャルサイト(タカラトミー)
http://www.takaratomy.co.jp/products/zoids/masterpiece/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。