体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BB-8やR2-D2を動かすゲームを作ってプログラミングを学べる『Star Wars: Building a Galaxy with Code』

BB-8やR2-D2を動かすゲームを作ってプログラミングを学べる『Star Wars: Building a Galaxy with Code』

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場するドロイド、BB-8が早くもゲームに登場!? Code.orgは、子供たちにコンピュータサイエンス教育を普及させる『Hour of Code』キャンペーンのコンテンツとして、『スター・ウォーズ』をテーマにした『Star Wars: Building a Galaxy with Code』を公開しました。ブラウザからBB-8やR2-D2が登場するゲームを作ってプログラミングを学ぶことができます。

hourofcode2

『Star Wars: Building a Galaxy with Code』は、JavaScriptのコードをドラッグ&ドロップによりブロック単位で配置していくことでプログラミングを学べるコンテンツ。11歳以上のユーザーを対象にしています。

hourofcode3

15段階のステップで学んでいくコンテンツには、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』プロデューサーのキャスリーン・ケネディ氏、ILMのシニアR&Dエンジニアのレイチェル・ローズ氏らが講師として動画に登場。文章に書き起こしたノートも用意されているので、英語の聞き取りが難しくても大丈夫。

Star Wars – Hour of Code: Introduction(YouTube)
https://youtu.be/vNjiHkQQl6A

hourofcode4

前半は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のヒロイン、レイとBB-8が登場。レイの依頼によりBB-8をJavaScriptの命令文で操作して、砂漠のスクラップを拾い集めていく課題をクリアしていきます。「moveRight」「moveLeft」といった命令文はツールボックスにブロックとして用意されていて、ユーザーはドラッグ&ドロップでワークスペースに配置することによりプログラミングが可能。ワークスペースのエディタはブロックを使ったGUIだけでなく、テキスト入力を利用することもできます。

hourofcode5

「実行」ボタンをクリックすると、入力したプログラムを実行。BB-8が障害物や敵を避けてすべてのスクラップを集められればクリアとなります。劇中のBGMやBB-8のマシンボイスが再生され、敵としてカイロ・レンらしきキャラクターも登場するなど、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界観を楽しみながらプログラミングを学んでいけるのがポイント。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。