ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガンズ黄金ラインナップでの復活を確信!? スコット・ウェイランドが語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スコット・ウェイランドがロック情報サイト“Alternative Nation”と最近行ったインタビューにて、注目すべきネタを2つ提供した。ひとつはガンズ・アンド・ローゼズのことで、もうひとつはチェスター・ベニントンにまつわるストーン・テンプル・パイロッツ関連の話だ。

 元ストーン・テンプル・パイロッツのフロントマンであり、元ガンズ・アンド・ローゼズの3人とヴェルヴェット・リヴォルヴァーで一緒に活動したウェイランド。なんと、ガンズ・アンド・ローゼズが黄金期ラインナップで復活することを確信しているというのだ。ウェイランドは2006年にアクセル・ローズと不仲だったことを尋ねられた際、こう話した。

 「ほとんど忘れてしまったね。当時、俺たちの間には水掛け論的なことが少しあったけど、ガンズ・アンド・ローゼズは今、よりを戻していると思うよ」

 なお、スラッシュとローズの不仲は数年続いた末、今では良い間柄だということがこれまでにも報じられており、1996年にガンズを脱退したスラッシュはスウェーデンのAftonbladetとのインタビューで現在の彼らの関係について語っていた。

 スラッシュは再結成の可能性について話すことを避けつつ、「おそらくとっくに過ぎたことさ。でも、今現在はとてもクールだね。ネガティブな……何というか……長い間あったネガティブなモノが取り除かれたのさ」とした。

 また、ウェイランドは、リンキン・パークのフロントマンでもありつつ2013年にウェイランドの後任シンガーとしてストーン・テンプル・パイロッツに加入したベニントンが、同グループを去ったとも話している。

 「彼はもうバンドにはいない。そう聞いてるよ」と明かすウェイランドは、「チェスター(・ベニントン)は一晩で70万ドル(約8,600万円)稼ぐバンドを得て、ストーン・テンプル・パイロッツはバラバラのような状態。恥ずかしいことさ」と話した。

関連記事リンク(外部サイト)

コールドプレイ新作アルバムがリリース決定、アデル「ハロー」旋風、ジャスティン・ビーバー対1Dに備えよ:今週の洋楽まとめニュース
コールドプレイ、新作アルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』が12/4世界同時リリース
『ブリテンズ・ゴット・タレント』優勝者コラブロ、初の日本ツアー開幕、大阪公演迫る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP