ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【11月19日(木)解禁】都内で、ボジョレーヌーヴォーを楽しめるレストラン3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年は、11月19日(木)に解禁となるボジョレーヌーヴォー。都内では解禁を祝うイベントが多数開催される予定。あなたもこの機会に、超早摘みのワインを楽しんでみてはいかが?フランスワインだけでなく、世界のワインの新酒が味わえるフェアも。

1.「バグース新宿西口店」
ここでは、11月19日19時から「2015ボジョレー・ヌーヴォ解禁パーティー」を開催。会費2000円でボジョレー・ヌーヴォが飲み放題になる他、ダーツや卓球、ビリヤードなどのアミューズメント施設も遊び放題。さらに、シャンパンタワーならぬ“ヌーヴォ スパークリングタワー”も登場。ボジョレー・ヌーヴォだけでなく、アミューズメントも楽しみながらのひとときが過ごせる。申し込みは、コチラ(https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=lame-ojlis-76b7840c5280cef7e0778361b8230be2)から。

2.「ワインホールグラマー」
次は、銀座・赤坂にある「ワインホールグラマー」をチェック。ここでは、11月19日(木)の0時~4時まで(18日深夜)の4時間1000円でボジョレーヌーヴォーが飲み放題に! 樽から直接セルフサービスで、好きなだけボジョレーヌーヴォーが楽しめるほか、解禁カウントダウンも。一年に一度のワインのイベント、仲間や恋人と飲み明かしてみては?(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000273.000007303.html)

3.「銀座グランドホテル・NORTHERN TERRACE DINER TOKYO」
最後は、世界のワインの新酒を楽しめるフェアに注目。今年収穫されたフランスワインの新酒が「ボジョレー・ヌーヴォー」だが、実は他の国のワインにも新酒があり、イタリアでは新酒ワインを「ヴィーノ・ノヴェッロ」 オーストリアでは「ホイリゲ」と呼び、それぞれ10月30日、11月11日に解禁される。
銀座のホテル内にあるこのレストランでは、11月30日(月)まで「新酒解禁フェアinノーザンテラスダイナー トウキョウ」を開催中。ボジョレー・ヌーヴォー解禁に先駆けて、一足早く世界を代表する名門ワイナリーの新酒を飲み比べられる。フランスだけでない、世界のワインの新酒を満喫して。(http://www.ginzagrand.com/restaurant/kaikin.html)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP