ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カボチャづくしのスイーツ店、その名も『カボチャ』!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

三軒茶屋にある、カボチャづくしの洋菓子スイーツ専門店

場所は『三軒茶屋駅』から世田谷通り、太子堂方面へまっすぐ。

途中斜めの脇道へ入りずーっと真っ直ぐ住宅街を歩いていると左手に見えてきます。

店内に2、3人くらいのちょっとしたイートインスペース。

ワンドリンク制です。

やっぱり並ぶのはカボチャのスイーツがずらーり

一度にこんなにたくさんのカボチャスイーツは滅多に見ることがない、というくらいの種類。

上から、

・カボチャのシュークリーム 180円

・カボチャ食パン 280円

・カボチャマフィン 230円

・クグロフ カボチャケーキ 180円

ショーケースには、

・カボチャのメープルシフォン 330円

・カボチャのフォンダンショコラ

・カボチャのガトーショコラ 380円

・カボチャチーズケーキ 420円

・カボチャのスフレチーズ 390円

・キャラメルパンプキン ~リンゴのシブースト~ 420円

・極上なめらかカボチャプリン ~キャラメルのメレンゲのせ~ 400円

・カボチャのモンブラン 420円

・カボチャロール 680円

その他に定番スイーツもあるのでご安心を。

右側に並ぶのはアイジングクッキーたち!

・カボチャ

・コーンフレーク

・カボチャビスコッティ

・ダブルチョコ

・オートミール

・ピーナッツバター

などの焼き菓子もあるのでギフトにもおすすめ。

イートインで選びきれなかったらお持ち帰りを...

しっかり箱に入れてあり、崩れることなく無事お持ち帰りできます。

保冷剤もつけてくれるので安心!

人気カボチャスイーツは売り切れることもあるので、

確実にゲットしたい方はお取り置きをおすすめします。

同じカボチャでも全く別の顔のスイーツたち

クリーム好きのカボチャマニアには『カボチャのモンブラン』

下にはかためのさっくりタルトの土台、

その上にうすーくカスタードクリームの層、

中央にはフレッシュな甘さ控えめミルキー生クリーム、

周りを覆うのはまったりとしたかぼちゃペースト。

そしてパンプキンシードが2粒。

トップにはシナモンがまぶされています。

たっぷりクリームを味わえる、まろやかな優しい甘さのモンブラン

洋菓子屋さんのプリン好きには『極上なめらかカボチャプリン 』

トップにはふわしゅわ!なキャラメルの軽いメレンゲ。

ほろ苦さのあるキャラメルなのでカラメルソースの役割をしています。

その下に生クリームが支え、

メインのプリンはとろ~りなめらかで濃厚。

クリーミーでバニラビーンズが香ります。

かぼちゃの自然な甘みが活きた、洋菓子屋さんの美味しいプリンです。

ガツンとカボチャを求めるなら『カボチャチーズケーキ』

一見キッシュかと思うようなビジュアル!

けど食べたらしっかりチーズケーキなのでご安心を。

ぎゅっとつまった濃厚しっとりチーズで

贅沢にもカボチャご本人も入っていて、うまーく馴染んでます。

チーズケーキとして成り立っていつつ、

かぼちゃの存在感も同時に感じられるバランスの良いスイーツ。

下でみんなを支えるのが、やや粗めのさっくりタルト。

ちょっと珍しいほっくり感のあるチーズケーキです。

ここに来たら是非買ってほしい一品!

カボチャには嬉しい栄養素が豊富!

カボチャは、ビタミンやカロテンなどを豊富に含み、

栄養価が高く免疫力を高める働きや、

抗酸化作用体を温める効果などがあります。

冬至に食べるとよいといわれるのは、

その時期、かぼちゃを常食していると、

風邪の予防になると言われているからです。

美味しいカボチャスイーツを食べて健康に!

身体に嬉しい、カボチャスイーツを美味しくいただける貴重なお店。

カボチャ好きなら外せません!

わざわざ足を運ぶ価値ありです。

是非、カボチャに囲まれてみませんか?

店詳細情報

*東京都世田谷区三軒茶屋2-38-10
三軒茶屋駅 徒歩7分

*営業時間 10:00~20:00

*定休日 不定休

*TEL 0354811553

*公式HP http://www.kabocha-sweets.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: iko1012) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP