ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライスを美味しく食べるために存在する和牛カルビ / 焼肉屋『対州』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和牛カルビとライス
900円 / 200円

ライスを美味しく食べるために存在する、和牛カルビをご存知だろうか?「焼肉にはビール!!」という人もいると思うが、この和牛カルビだけはライスで味わうべきだ。その肉汁、香ばしさ、食感、そのすべてが、ライスと出会った瞬間に何倍にも増幅する。

・美味しい焼肉を提供する
焼肉屋『対州』は、個人経営の小さな焼肉屋だ。正直、グルメサイトユーザーも、グルメ評論家も、グルメ雑誌も、テレビ局も、寺門ジモンも、誰もこの店には注目しまい。だからこそ、何にも影響されず、ブレず、「ただ美味しい焼肉を提供することだけ」を続けられている。

・そのままライスにのせて食べるのが最良
『対州』の和牛カルビは最近まで850円だったが、900円に値上げした。それでもその魅力とコストパフォーマンスは素晴らしく、厚切りで柔らかい肉質が特徴。なにより繊細で微細な甘さを放つ漬けダレが極上で、焼けたら改めてタレを付けずに、そのままライスにのせて食べるのが最良。

・長めに焼いたほうが格段に旨味がアップ
和牛カルビはほどよくサシが入っており、鉄板に置いた瞬間から炎を上げる。カルビをややレアな状態で食べる人が多くいるが、『対州』の和牛カルビは、若干でかまわないので、やや長めに焼いたほうが、格段に旨味がアップする。

・微妙に状態が違う肉汁
じっくり焼くと脂が液状となりカルビを外側から包み込む。その状態でライスにのせて食べることにより、外側と内側の「微妙に状態が違う肉汁」がからみあい、絶品なる美味しさを生むのだ。

・「美味しさの本領発揮」を体験
もちろんビールもお茶も『対州』の和牛カルビにはあうが、なによりライスこそ、「美味しさの本領発揮」を体験できるベストなサイドメニューなのである。ちなみに、この店にはテーブルが4つしかないので、大人数で行く場合は電話で確認するか、最大4人で行くことをオススメする。

対州
住所: 東京都葛飾区南水元1-23-11
時間: 17:00~24:00
休日: 月曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13066847/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP