ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画泥棒のパロディ動画で「NO MORE 賃金泥棒」 1分単位の給与計算など呼びかけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あらゆる賃金の不払いを一層するプロジェクト「NO MORE 賃金泥棒」が10月15日に立ち上がった。YouTubeにオリジナルの動画を2本公開し、

「時給を1分単位で計算せず、ちゃっかり切り捨てるのも犯罪です」
「不審な行為を見かけたら、お近くの労基署または労働組合までご相談ください」

などと呼びかけている。
白い手袋でクネクネ踊り、給料袋から1万円札をピンハネ

動画のスタイルは、全国の映画館で上映される「NO MORE 映画泥棒」のパロディ。黒のスーツに白い手袋をはめてクネクネ踊る「泥棒」の顔は、大きな時計になっている。給料袋から1万円札を抜いて従業員に渡すなど、賃金をごまかす経営者を象徴しているようだ。

プロジェクトの呼びかけ人には、ブラック企業被害対策弁護団の佐々木亮氏、首都圏青年ユニオン委員長の神部紅氏、日本民主青年同盟中央委員長の田中悠氏が名を連ねている。呼びかけ文で例示された「賃金泥棒」の代表例は、

「15分単位で時給が切り捨てられる」
「着替えを済ませないと出勤時のタイムカードを押せない」
「名ばかり管理職で残業代はない」
「いくら残業してもあらかじめ決まった残業代しか出ない」

といったもの。あわせて安倍政権に対し「『世界で一番企業が活躍しやすい国』を目指して、一生派遣で働かせる、残業代ゼロで定額働かせ放題、お金を払えばいつでもクビという社会をつくろうと労働法制の改悪を進めています」といった批判も盛り込んでいる。

あわせてよみたい:20代中国人に聞く「ココが変だよ日本の会社」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP