体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劇場版『媚空-ビクウ-』主演・秋元才加インタビュー 「急にセンターになっちゃったみたいな気持ち(笑)」

IMG_2500_f2_fix2

2005年のテレビ初放送以降、約10年続く人気特撮シリーズ『牙狼<GARO>』。その10周年を記念した映画、劇場版『媚空-ビクウ-』が、11月14日(土)より公開となる。

今年の第28回東京国際映画祭でパノラマ部門に出品された本作は、2014年4月から9月まで放送されたテレビドラマ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』に登場したキャラクター“媚空(びくう)”を主人公とした物語。映画祭初日のレッドカーペット直前に、その肉体美と身体能力を存分に活かしたアクションシーンを披露した媚空役の秋元才加にインタビューを実施した。

IMG_9823_f2_fix2

――媚空を主人公とした劇場版と聞いて少し驚いたのですが、ご本人のお気持ちとしてはいかがでしたか?

秋元:ドラマシリーズに関しては少ししか出演していなかったので、すごく嬉しかったのはもちろん、最初は戸惑いもありました。大勢のグループで活動していた当時でさえ、ここまで一気にプッシュされたことがなかったですから。急にセンターになっちゃったみたいな気持ちでした(笑)。

――ドラマシリーズと比べて、作品も媚空もパワーアップしていると感じました。

秋元:劇場版『媚空-ビクウ-』はシリーズの10周年を記念して、様々なチャレンジが詰まった作品になっています。テレビシリーズに出演した際は、孤高の存在で最強の魔界法師、男性も痺れるくらい格好良いキャラクターを演じて欲しいと雨宮監督からリクエストを受けました。今回の媚空はアクションやCGがテレビシリーズの時よりもさらにパワーアップしていますのでぜひ観ていただきたいですね。

と言っても、シリーズを観たことがない人でも、今作を単独で楽しめるような内容になっているはずです。アクション、衣装、CGなど、『牙狼<GARO>』の世界観を感じていただくには凄く良い作品だと思います。

――お気に入りのシーンなどはありますか?

秋元:媚空の台詞で「白か黒か、人間の心はそんなに単純じゃない」という言葉があるんですけど、日常生活でも世の中にグレーな部分がたくさんある中で、自分がどうありたいかを取捨選択しながら生きていくわけじゃないですか。映画を観終わった後、何かのきっかけで共感してもらえる部分があるんじゃないかと思っています。

――秋元さんが担当された主題歌にも通じるテーマですよね。

秋元:主題歌も含めて今作の世界観を味わってほしいです。歌詞の中にも媚空の気持ちが込められているので。エンドロールまでじっくりと鑑賞して、より深く作品を理解してもらえればうれしいです。

IMG_9773_f2_fix

――今作は秋元さんのアクションや肉体美も見どころのひとつだと思います。撮影に向けて、新たにトレーニングを強化されたのでしょうか?

秋元:雨宮総監督から「秋元才加の肉体美と腹筋を撮りたい」と言われていたので、2か月前からジムに通って、見せるための肉体作りを取り組みました。プロテインを飲んで、肩や背中、腹筋を集中的に鍛え上げました。

――SNSなどを拝見していると、撮影とは関係なく普段から鍛えてらっしゃるように思えるのですが。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy