ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

殿様に金貸して利息で人助け! 驚きの実話を阿部サダヲ主演で映画化『殿、利息でござる!』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

殿、利息でござるB5表_CS5

殿様にお金を貸して、利息で庶民を助ける……このウソの様なホントの話を、阿部サダヲさん主演で映画化する『殿、利息でござる!』が、2016年5月14日より公開となります。

2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」。この原作を『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢』等、今最も注目を集める中村義洋監督が映画化した映画『殿、利息でござる!』。

名作時代劇をイメージさせる “キメ顔”!に、なぜか、マゲが小銭!? 町での貧しい生活を立て直すため、庶民が「殿様に金をお貸しし、その利息をとる!」という大胆極まりない妙案を思いつき、打ち首覚悟で藩に提案!3億円もの銭を集めるために、仲間とともに奮闘する姿を描く奇想天外な物語です。これが実話というから驚き!

この度、解禁となった第1弾ビジュアルには、破産寸前、絶体絶命の大ピンチに陥った町を心配する阿部サダヲ演じる主人公・十三郎の姿が。前代未聞の妙案で、殿を相手に一世一代の大勝負に挑み、一発逆転を図ろうと決意する、その身の程知らずな“どや顔“で、頭には、黄金に輝く“小判”、ではなく、庶民のあつかう“小銭“のマゲを結っています。

キャッチコピーの「ゼニと頭は、使いよう」が表すように、銭に苦しめられる庶民が、みずから銭を使って、知恵と工夫でいかにこの難局を乗り切るか? 中村監督の手腕が光る、痛快な作品になる事は間違いなさそうです。

【関連記事】『白ゆき姫殺人事件』中村義洋監督が“バカッター”に言及「本当理解できない感覚」
http://getnews.jp/archives/544715

『殿、利息でござる!』
出演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 他      
監督:中村義洋
脚本:中村義洋、鈴木謙一
原作:磯田道史『無私の日本人』所収
    「穀田屋十三郎」(文春文庫刊) 
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。