体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

!!! CHK CHK CHK『AS IF』インタビュー

chk_0103

!!!といえば、最強のライヴ・バンド。パンクとファンクとディスコが混然一体となったダンス・グルーヴは、まさしく唯一無比。が、そんな「ライヴ」のエネルギーをキープしつつ、「スタジオ作品」だからこそ可能なプロダクションや音の質感にこだわり抜いたレコーディング・プロセスの探求。そうしたここ数作の流れを踏まえた上で、さらにハウス・ミュージックの要素やアンダーグラウンドなテクノの影響を前面に取り入れて完成したのが、今回のニュー・アルバム『アズ・イフ』だ。かくして、その仕上がりはロウでモダン。にしてエッセンシャルかつコンテンポラリー。「今回はほとんどやり過ぎと言っていいくらい多様だと思う」と彼らも自負してやまない。そんな!!!史上、最強のダンス・レコードを引っ提げて行われた来日公演。!!!はいま何度目かのピークを迎えていることが、そのニック・オファーの口ぶりからは伝わってくる。

 

―この前の企画で、サニー・デイ・イン・グラスゴーの曲をお気に入りに挙げていたのが意外で。マイブラにすごく影響を受けた、ともコメントにありましたけど。

ニック「あ(笑)。最初に出した7インチを聴いてもらえればわかるよ。“The Funky Branca”って曲があるんだけど、もろシューゲイザーって感じだし」

―じゃあ、今のような音楽スタイルになる前?

ニック「いやでも、今度アメリカのツアーで自分達で自分達の前座をやる計画があって、ステレオラブのカバー・バンドで『ステレオラド』っていうバンドをやるっていう話があったり」

―ほんと?(笑)

ニック「そう(笑)、それでステレオラブの曲だけをやるっていう(笑)」

chk_0003

―(笑)けど、!!!はうつむいてノイズを鳴らす(※シューゲイザー=靴を見つめる人)、ってガラじゃないですよね?

ニック「そう、うちの場合、シューゲイザーならぬ“ダンスゲイザー”ってところだろうね(笑)。まあでも、基本的に何でも好きだからさ。いつも理想のバンドを訊かれたときブラーって答えるんだけど、ブラーはアルバムごとにスタイルを変えてるじゃないか。オアシスとブラーだったら、断然ブラーになりたいね。オアシスみたいに毎回似たような内容のアルバムを作って、アルバムを出すごとにつまんなくなってくようなバンドにはなりたくないからさ」

―デーモンのソロも好き?

ニック「まあ、全部が好きってわけじゃないけど、いい曲もあると思うよ。デーモンってやっぱりブラーの核なわけで。しかもブラー以外にもゴリラズとか、いろんなスタイルに挑戦してるからね。自分もデーモンみたいな存在になってみたいもんだよ(笑)」

―ニックはそもそも、!!!を始める前はサクラメントでヤー・モスってハードコア・バンドをやってたんですよね?

ニック「正式には『ザ・ヤー・モス』だよ(笑)」

―(笑)その頃のニックってどんな感じだったんですか?

ニック「いや、ヤー・モス自体は!!!とはそこまで関係ないんだ。ヤー・モスは初期のブラック・フラッグとかジャームスとかネイション・オブ・ユリシーズから影響を受けてるんだけど、ネイション・オブ・ユリシーズがジョン・コルトレーンやモータウンなんかのブラック・ミュージックについていつも熱く語ってて。それで、彼らが好きだっていう作品は全部聴くようになったんだ。それがきっかけでソウルを聴くようになって、ソウルからファンクにいって……その間にもヤー・モスはやってたんだけど、聴いてる音楽はディスコだったりジェームス・ブラウンだったりして、あるとき、ふと『何で自分達が普段聴いてる音楽をやってないんだ?』ってことに気づいてさ。それで今の!!!に続く最初の音合わせのときに集まったメンバーが、5人中4人がヤー・モスのメンバーだったんだ」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。