体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西岡参議院議長、語る(3) 「小沢さんは日本にとって一つの存在だと思う」

参議院議長の西岡武夫氏

 菅政権を批判してはばからない参議院議長の西岡武夫氏は2011年6月14日、ニコニコ生放送とUstreamで放送された「山本一太の直滑降ストリーム」に出演。東日本大震災以降の危機の時代を乗り切るためのリーダーは、「electされる(選ばれる)のではなく、evolveされる、生み出されるというほうが望ましい」と語った。

 また、内閣不信任案決議を採択する衆議院本会議で小沢一郎氏には当日、本会議に「出たほうがいい」と電話で伝えたと話し、「小沢さんの存在は日本にとっては、一つの存在だと思う」と語った。

 以下、山本氏と西岡議長の番組でのやりとりを全文、書き起こして紹介する。

■ポスト菅に仙谷氏は「論外。論ずるに値しない」

山本一太参議院議員(以下、山本): 西岡議長も(参議院議長を務めるため)今は党籍を離脱しておられると思うが、(それまでは)民主党におられて・・・。

西岡武夫参議院議長(以下、西岡): いや、会派をね。

山本: あ、会派を。失礼した。会派を離脱しておられる。私が民主党議員もいないのにこうやって批判するのはややアンフェアかも知れないが、私が今の菅政権、その前の鳩山(由紀夫)政権から見ていてちょっとおかしいなと思うのは、確かに自民党にも反省すべき点はたくさんあり、いろいろ古い派閥政治というので分かりにくいと批判されたこともあるが、一応自民党だったら例えばある幹事長のもとで選挙をやって大敗したら、必ずその幹事長は辞める。なにかある議員にものすごいスキャンダルが起きたら、どんなに有力な議員でも例えば次の総裁選挙には出られない。

 何かやっぱり、責任を取って他の人たちにもう一回任せるということがあると思うが、特に菅政権は責任を取るという文化がないんじゃないかと。枝野官房長官に個人的な恨みはないが、幹事長としてやった選挙で大敗しても、次の組閣で官房長官になる。仙谷前官房長官は問責(決議)で責任をとってやめたのに、いつの間にか内閣官房副長官になって、なんとなくポスト菅の動きを仕切っている。岡田(克也)さんは外務大臣を辞めたと思ったら今度は幹事長。ということで、4、5人の人達が既得権益を持ってぐるぐる、いいポストを党と政府でたらい回しにしているように見えるが、西岡議長はどんな風にご覧になっているのか。

西岡: まあそんなに、見られてもしょうがないだろう。たしかに。本当は今、それぞれのポストずっと、こう挙げていくと、余程の度胸と自信と覚悟となければ、なれない。こんな大事な時に。

山本: 総理に、ということか。

西岡: 総理もそうだし、それぞれの大臣もそう。なんにもやろうとしないでポストだけほしがっているのは一体なんなのかと。菅さんが、本当に死に物狂いになってこの東日本大震災、福島の原発に取り組んでいるというならば分かる。(しかし)死に物狂いじゃない。

山本: 覚悟が感じられない。

西岡: 全然感じない。それが問題だと思う。

山本: 今、「共同正犯だ」と。つまり、内閣を支えてきた人にも責任があるのに何を言ってるんだというお話があったが、ポスト菅について、まぁいろんな名前が取りざたされていると。二つ、ちょっと議長に率直にお聞きしたいが、ひとつは仙谷前官房副長官という意見、説もあるが。

 私は参議院自民党の政審会長として、やはりこの仙谷官房長官に対する問責決議案に賛成した。だから、私はまず官房長官に参議院が「No」を突きつけて、法的拘束力はともかくとして、西岡議長がさっき仰ったように、これで責任をとって辞めた仙谷さんが官房副長官に戻ってるということについても実は全く納得できない。さらにその仙谷官房副長官がポスト菅の総理になるということは、とっても参議院としては受け入れられないと思っているが、これについて西岡議長はどんなふうにお考えになっているのか。

西岡: 論外。論ずるに値しない。

山本: ありえないと。

西岡: ありえないというか。論外。

山本: では論外に加えてもうひとつお聞きしたい。仙谷副長官のほかにもいろんな名前が出ている。議長が仰ったように大臣をやるのにも覚悟がいる。総理をやるのにも本当に命がけの覚悟がいるときにこれからポスト菅を選び、その人が普通だったら総理になるわけだが、いろんな名前が出ている。前原(誠司)前外務大臣、昨今急に露出も増えて認知度が高まってきた枝野(幸男)官房長官、野田佳彦財務大臣、ちょっと根アカな戦略家みたいな樽床(伸二)前国会対策委員長、あるいはTVで非常に知名度の高い原口一博さんとか。本当に群雄割拠みたいな感じで。

西岡: 「雄」ではない。群「雄」ではない。

山本: 「群割拠」の感じか。こういう方々が出てきて、いろいろ次の首相候補として取り沙汰されているが、議長から見てどういう方が次の、ポスト菅にふさわしいのか。さしつかえがなければ、どなたがいいと思っているのかお聞かせ願えれば。

西岡: 今のは全部共同正犯。だって今の方たちは菅内閣にいたわけだから。

山本: 全員が「菅内閣にいた」ということ自体で(ダメということか)。

西岡: それはそうだろう。党の要職にもいた(人もいる)。

山本: するとまったくいないと。論外だと。

西岡: それともうひとつは、こういうときは菅さんが辞めなければ出てこない。今言われているのはどういう根拠で言われているのかわからないが、とにかく辞められるのが先。

山本: 議長が仰った「こういうときは辞めないと出てこない」というのは、実際に総理が辞めてポストが空席になって、一刻も早く次のリーダーを選ばなければならないというプロセスのなかで。「乱世の奸雄」というとあれだがこの危機の時代を乗り切れるようなリーダーが、いろんな要因で出てくると。こういう意味か。

西岡: そう。

■”ポスト菅”として西岡議長の頭にあるのは・・・

山本: なんとなく議長の頭にある方は。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。