ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京モーターショーで展示中! レクサス「ホバーボード」開発秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫


11月3日に放送されたJ-WAVEの特別番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL LEXUS presents BEYOND EXPECTATION」(ナビゲーター:別所哲也・池澤あやか)。オンエアの中では、LEXUSが発表したホバーボード「SLIDE」の開発秘話に迫りました。

先月、10月21日は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」で描かれた2015年の日ということで世界中のファンが盛り上がりました。そんな中、本作で主人公が乗った空飛ぶスケートボード「ホバーボード」が現実のものになったと話題になったのが、LEXUSが発表したホバーボード「SLIDE」。テレビなどで動画を見た人も多いのではないでしょうか。

動画では、白煙が吹き出すホバーボードに足を乗せると、宙に浮いたまま前に進み出し、壁や水面を滑走していきます。その迫力ある映像はCGなどの特殊技術を一切使っていないとか。宙に浮く仕組みは、磁気浮上技術により実現したそう。本体にはリニアモーターカーなどに使われる超伝導体が内蔵されており、走行中は液体窒素でマイナス197度に冷却されて宙に浮かんでいるとか。

プロジェクトの責任者であるデイビッド・ノードストロムさんによれば、開発には2つの大きな壁が立ちはだかったそうです。ひとつは磁気浮上技術の問題でした。

「最初に試した技術では上手くいかず、すべて白紙に戻し、このプロジェクト自体を取りやめることも考えたのですが、他の技術を試したところ、ホバーボードが乗り手の体重を支えることができ、そこから前に進むことができました」(デイビッドさん)

もうひとつは、スケードボーダーを見つけることでした。

「何人かのボーダーにトライしてもらったところ、このホバーボードを乗りこなすのはあまりに難しく断られていたのですが、プロ・スケートボーダーのロスは何度も挑戦し、最終的には技術者や科学者まで後押しする形で、このプロジェクトを素晴らしい方向に導いてくれたんです」(デイビッドさん)

革新的なテクノロジーだけでなく、それを乗りこなす人間にとっても挑戦の連続だったようです。難しく不可能だと思われることにチャレンジしていくLEXUSとスケートボーダーの姿勢が、見る人を感動させ、ワクワクさせる未来を感じさせるのでしょうね。

ちなみに、このホバーボード「SLIDE」は、11月8日まで開催している東京モーターショーのLEXUSのショールームに展示されています。宙に浮いたままの展示されていますので、その目で近未来を見に行ってみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL LEXUS presents BEYOND EXPECTATION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20151103/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP