ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネットで影響力のある人に期待!? 自民党が参議院議員候補公募『オープンエントリー2016』実施

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

自由民主党は2016年7月に予定されている参議院議員選挙に向けて、公認候補を一般から公募する『オープンエントリープロジェクト2016』を実施することを発表。2015年11月1日8時より2016年1月31日までウェブエントリーと郵送での候補者の候補者の応募をスタートします。

応募資格があるのは「2016年参院選において被選挙権があり、自由民主党の基本理念に賛同する人」で、応募には氏名・生年月日・連絡先などのプロフィールのほか、「日本の将来と私」「自分のまわりの1億総活躍社会」をテーマにした400字以内の論文の提出が必要となっています。

同プロジェクトでは、公認候補規模者をウェブからエントリーが可能なだけでなく、候補者の選考過程を公開。2016年2月29日までに書類審査と面接で最大10人のファイナリストを決定。その後、自民党員に加えて事前登録で認められた一般人が参加できるネット投票を含めて公認候補を1人あるいは複数決定するとしています。

2015年10月30日には、『ニコニコ生放送』の自民党チャンネル『CafeSta』でプロジェクトを発表。その後のメディア向けの会見で、平井卓也選挙対策副委員長は「これまで公募はどの政党でも行われていたが、選ばれる過程もできるだけオープンにするというのは初の試み。正直どのような結果になるのかは現時点では読めない」と語り、ネット投票の方法や最終的な候補者の決定については「検討中」としました。
一方で、「選挙に勝てるという可能性が高い方が選ばれることになる。ネットの中である程度が影響力のある人が出てくるかもしれない」と、新たな人材の発掘への期待をネットに求める意向をにじませました。

「自民党が提示する新しいデジタル民主主義」(平井議員)が強調する今回の試み。一般人への事前登録の方法などは随時発表されるとのことなので、どのような候補者が選ばれるのかも含めて注目されます。

参院選公認候補「オープンエントリー」プロジェクト2016(自由民主党)
https://www.jimin.jp/election/results/sen_san24/openentry/index.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。