ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“キース・アーバンのこれまで” カントリー・ミュージック殿堂博物館で展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カントリー・ミュージック殿堂博物館の新たな展示会は、カントリー・スターであるキース・アーバンの、母国オーストラリアから“ミュージック・シティ”ナッシュビルにたどり着くまでの道のりにフォーカスしたものになることが明らかになった。

 “Keith Urban So Far(キース・アーバンのこれまで)”と名付けられた同展示会は、11月20日より催され、思い出の品々や楽器、子供時代の記録などを通して同カントリー界の大物グローバル・アンバサダーの歴史を紹介するという。

 【グラミー賞】受賞歴のあるキース・アーバンは、1999年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリース。今までにトータル2,000万枚以上のアルバムを売り上げている。展示されるアイテムには、フェンダーの1989年製テレキャスターをはじめ、初のNo.1ヒット曲で弾いたLevinson Bladeのエレキギター、デビュー・アルバムのカバーアートで着たシャツ、手書きのメモなどが展示される予定だ。

 展示会“Keith Urban So Far”は来年5月まで開催される。

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ゲッタ『リスン』に、さらに8曲が加わった『リスン・アゲイン』リリース
ジャスティン・ビーバー、『パーパス』収録曲リストをユニークな形で発表
テイラー・スウィフトからハロウィン仮装のアドバイス!? 幼少期の愛らしい写真と共に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP