ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】嵐『Japonism』がさらにセールスを伸ばし現在首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから10月26日から10月28日までの集計が明らかとなり、嵐『Japonism』が勢いを継続しトップとなっている。

 『Japonism』は、最新の11月2日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”で80万枚超えというビッグセールスを上げて1位になり、今週もまだまだ嵐旋風が続いている結果となった。2週連続で1位獲得となるか注目したい。

 2位は、斉藤和義の通算18枚目のアルバム『風の果てまで』。今作は、約2年ぶりにリリースされたオリジナルアルバムで初のロサンゼルスレコーディングを行った意欲作だ。3位に入ったのは、チームしゃちほこの2か月連続リリースの第2弾『ええじゃないか』。続いて4位は、ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』のCDシリーズから『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02』。5位には、人気声優で歌手活動も行っている柿原徹也の1stフルアルバム『orange』が入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2015年10月26日から10月28日までの集計)
1位:嵐『Japonism』
2位:斉藤和義『風の果てまで』
3位:チームしゃちほこ『ええじゃないか』
4位:『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02』
5位:柿原徹也『orange』

関連記事リンク(外部サイト)

POPカミヤサキ「復帰か脱退か」決まる100kmマラソン決定 BiSプー・ルイ&わっきーがリタイアした難攻不落コースに挑戦
POP ETC、新作タイトルとジャケットを初公開 Galileo Galileiオープニング・アクトで来日
須永辰緒DJ30周年を祝し、クレイジーケンバンド、EGO-WRAPPIN’、吉田類、大沢伸一ら50組がパーティーに集結

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP