ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry Privにはエッジスクリーンを活用した独自の機能が搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry 初の Android スマートフォン「Priv」にはエッジスクリーンを活用した機能が備わっていることが判明しました。BlackBerry 自身は、エッジスクリーンのことは特に言及していませんが、カナダの携帯キャリア Telus が公開したシミュレーターによると特別な機能を備えています。BlackBerry Priv のエッジスクリーンは単に曲がっているだけかと思われてきたのですが、シミュレーターにはエッジスクリーン機能のセクションがあり、Galaxy Note edge / S6 edge のように細い部分を活用できる模様です。分かっているエッジスクリーン機能は、充電中にスリープ状態になると充電の進捗をエッジスクリーンに表示するこのほか、BlackBerry 独自のプレビュー機能「Productivity Edge」もあります。これは、アプリを起動している間に別のアプリがエッジスクリーンに表示され、アイコンをスワイプすると、該当のアプリを起動することなく、例えば、メールの概要やカレンダーの予定をプレビューできます。

■関連記事
Sony Mobile、Android 6.0版Concept for Xperiaで初のアップデートを開始
Verizon、Droid Turbo 2でも社員限定の特別モデルを用意
スクエニ、ドラクエの「冒険の書」をモチーフにしたブック型スマートフォンケースを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP