ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Nexus 6Pのファクトリーイメージを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は、先週末あたりに発売された「Nexus 6P」用のファクトリーイメージを Google Developers サイトで公開しました。ファクトリーイメージは Nexus 6P を工場出荷時の初期状態に戻すのに必要なファイルのことです。このファイルが公開されたということは正式に発売されたということになります。Google Developers サイトでは、「MDA89D」「MDB08K」の 2 種類のビルド番号が公開されていますが、どちらも、Android 6.0.0 です。モデルによって異なるのでしょう。ファクトリーイメージ(tgz 形式の圧縮ファイル)には、システムイメージ、ブートローダー、インストール用のバッチ(Widows 用)/ シェルスクリプト(Linux / Mac 用)が含まれており、インストールバッチ / スクリプトを実行するだけでシステムの内容を初期の状態に戻せます。ちなみに、ファクトリーイメージの表示内容によると、Nexus 6P のコードネームは「angler」でした。Source : Google Developers

■関連記事
Google、Nexus 7(2013)Wi-Fi向けのMRA58Uへのアップデートを配信開始、ファクトリーイメージも更新
米Disney、ディズニーキャラクターのアニメーションGIF・絵文字配信アプリ「Disney Gif」をリリース
BlackBerry Privのホームアプリやカメラアプリなど純正アプリがGoogle Playストアで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP