ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】AOA『Ace of Angels』から見る韓国ガールズグループの売上げ動向

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月26日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、韓国のガールズグループ、AOAの『Ace of Angels』が1位となった。

 『Ace of Angels』は、AOAの日本1stアルバムでこれまで日本で発表したシングル曲など11曲を収録した作品となっており、リリース初週に1.8万枚を売上げた。もっとも売上げた地域は、東京6300枚で東京だけで総売り上げの3分の1を占めた形だ。そして、2位に大阪2900枚が続いていて、その他の地域では、4桁の数字には届かなかった。

 韓国のガールズグループは、東京で突出したセールスを出し、その他の地域では伸び悩んでいるのか。2015年8月26日に同じく日本1stアルバムをリリースした韓国のガールズグループ、Apinkの『PINK SEASON』(初週売上げ1.2万枚)との地域別初週売上げTOP10を比較した。

『Ace of Angels』
1位:東京
2位:大阪
3位:愛知
4位:神奈川
5位:兵庫
6位:福岡
7位:埼玉
8位:千葉
9位:京都
10位:広島

『PINK SEASON』
1位:東京
2位:愛知
3位:大阪
4位:神奈川
5位:埼玉
6位:福岡
7位:兵庫
8位:北海道
9位:千葉
10位:静岡

 TOP10を見ると、両作とも1位は東京でそれ以下は大都市を抱える地域が並んでおり、8つの地域がそれぞれに共通して出てきている。『Ace of Angels』も『PINK SEASON』(1位東京1200枚、2位愛知560枚)も共に1位は2位の約2倍の数字となっていることから、東京が総売り上げを牽引していると言えるだろう。そして、その他の地域のセールスが伸び悩んでいると共通して言える。今後、この2グループが大都市以外の地域までプロモーションをして新規ファンを獲得していくのか、またはこれまで通り大都市を中心としたプロモーションを続けるのか、これからの日本での展開に注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

AOA『Ace of Angels』 接戦のチャートを制し首位、ドリカムが僅差の2位に
ビルボード週間アルバムチャートではAOAの1stアルバムが初登場1位を獲得
PUFFY 新曲「パフィピポ山」のMV公開、監督は映像ユニット“スミネム”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP