体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相模原が誇る塩ラーメンの名店で『台湾混ぜそば』を食す!@『潮中華KAZE』相模原

ka-tai3_R

今更ですが、なんとなく『台湾混ぜそば』にハマった筆者で御座います。

あの混沌とした味わいは、普通の”つけ麺”や”油そば”よりも奥が深く、一口ごとの微妙な味の違いや、最後に加える”追い飯”の美味しさなど、そのポテンシャルは高めです。

と、言う訳で今回は相模原でも塩ラーメンで定評のある『潮中華KAZE』で『台湾混ぜそば』を食べてみました。

相模原でも人気『潮中華KAZE』

ka-tai1_R

そんな『台湾混ぜそば』は、まだまだレギュラーメニューで提供している店は少な目ですが、その美味しさに気が付いたラーメン店では、限定メニューとして提供している場合があります。

と、言う訳で偶然にも筆者が訪れたタイミングで『台湾混ぜそば』があったので、大盛りでオーダーしてみました。

相模原で塩ラーメンと言えば『潮中華KAZE』の名前が必ず出るくらい、塩ラーメンには定評のある店ですが、果たして『台湾混ぜそば』はどうでしょうか?

限定!『台湾混ぜそば』を食す!

ka-tai10_R

ぱっと見た感じ、まさにベーシックスタンダードな『台湾混ぜそば』なビジュアルで御座います。

タレは丼の底に沈んでいるので、イマイチ”台湾混ぜそば感”は伝わりませんが、基本的にはこんな感じのラーメン的な何かが『台湾混ぜそば』かと存じます。

鶏を忘れていた件の是非

ka-tai4_R

と、見せて実は大事な”鶏チャーシュー”と言うか、揚げ焼いた鶏(通称、鶏)を忘れていた模様…

最近、ファーストロットの”鶏忘れ”は割とありがちなので注意しましょう。

ちなみに店主はすぐに気付いてくれたので、ちゃんと鶏は乗っかりました。

『潮中華KAZE』と言えば、チャーシューではなくこの”鶏”がポイントなので、追加で”鶏増し”(有料)と言う選択肢も有りですね。

焼くと言うよりは、皮目をバリっと揚げ焼いているので”鶏臭さ”が無く香ばしい一品になっています。

『台湾混ぜそば』の完成!!

ka-tai6_R

と、言う訳でコチラのグラフィックが正解の模様。

むむ!

やはり”鶏”の有無は重要ですね!

とにかく自家製麺の美味しさに定評のある『潮中華KAZE』ですが、かなりの太麺なので、濃い目なタレの『台湾混ぜそば』には相性が良いと思われます。

ka-tai8_R

麺としては『ラーメン二郎』ほど低加水率ではありませんが、太さや食感は近いモノがあります。

「ちょっと上品な二郎系」

みたいなニュアンスで『潮中華KAZE』のラーメンを楽しむのが、相模原市民のラーメンスタイルで御座います。

二度に分けて混ぜるのもオススメ

ka-tai7_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy