体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル 初心者にも使いやすく多機能な無料クラウドサービス『iCloud』を発表

アップル『iCloud』イメージ図(Apple提供)

アップルは、6月6日(現地時間)無料クラウドサービス『iCloud(アイクラウド)』をこんな気に『iOS5』とともに提供開始すると発表しました。同社開催のWWDC(Worldwid Developers Conference)2011において、同社CEO スティーブ・ジョブズ氏自らがステージ上で発表し、「ただただ、うまくいくようにできているということです」と語った『iCloud』は、いったいどんなものなのでしょうか。

私たちが日常的に使用するデジタルデバイスに保存しているデータは、これまでパソコンを介することでなかば“手動”で最新の情報にアップデートしてきました。『iCloud』は、このアップデートをすべてワイヤレスで自動的に行う機能を組み込んだクラウドサービスです。『iCloud』サービスに含まれる機能は以下の通り。

・MobileMeサービスを再設計
メールや連絡先、カレンダーをクラウドに保存して『iPhone/iPad/iPod touch』やWindowsパソコンとシンクさせる『MobileMe』サービスを再設計して書き直されています。友人や家族とカレンダーを共有し、「me.com」がホストする広告表示のないプッシュ型メールを利用可能。受信箱やメールボックスは、ユーザーのすべてのiOSデバイスとコンピュータを通して最新の状態に保たれます。

・アプリや書籍を最大10台にダウンロード可能に
『App Store』や『iBookstore』で購入した『iOS』アプリケーションや書籍が、ユーザーのデバイスすべてにダウンロード可能になります。また、『App Store』や『iBookstore』では自分の購入履歴を確認でき、『iCloud』アイコンをタップするだけで購入したアプリや書籍を追加費用なしで最大10台の『iOS』デバイスにダウンロードできます。

・過去に購入した音楽もダウンロード可能『iTunes in the Cloud』
過去に『iTunes』で購入した音楽を追加費用なしでダウンロード、また新たに購入する音楽についても『iOS』デバイスすべてに自動的にダウンロードが可能。さらに、『iTunes』以外で入手した音楽についても『iTunes Store』で提供中の楽曲と合致する場合には、256kbps AAC DRMフリーバージョンと差し替える『iTunes Match』を利用して同様のサービスが受けられます。『iTunes Match』は今年秋より年間24.99ドルで提供予定。

アップル『iCloud』イメージ図(Apple提供)

・撮影した写真をすぐに自動的にアップロード『PhotoStream』
たとえば、午後に行われた野球の試合中に『iPhone』で撮影した何十枚もの写真が、自宅に戻ったときには『iPad』を使ってみんなで見る準備ができている――『PhotoStream』は撮影した写真や読みこんだ写真を自動的にアップロードしてすべてのデバイスやコンピュータにプッシュ配信するサービス。各デバイスには直近の写真1000枚を保存、『iCloud』では写真をックラウド上に30日間保存。永久保存したい写真はアルバムに移動します。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会