体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【超簡単】自家製イクラ大量生産のための「生すじこほぐし」ベストアイテム実証実験

f:id:Meshi2_IB:20151009152647j:plain

みなさまの秋鮭が帰ってまいりました。

魚卵大好きな我々にとってこの季節はイクラのシーズンであります。事実として旬です。

通常、イクラ醤油漬は100gあたり900円から1,000円の末端価格、いや小売価格で取引されているのですが、この時期に出回る鮭の卵つまり生筋子(なますじこ)は100gあたり約500円という価格

おおむね半額です。

つまり、イクラが通常の2倍食べられるシーズンなのです。コスパコスパとおっしゃいますが、半額だったら2倍食べちゃうのが魚卵好きの業なのです。痛風なんか知ったことか。

生すじこからイクラ醤油漬を自作するには

生すじこの季節になるとスーパーの店頭でもインターネットでも情報が出ますし、魚卵好きの魚卵ist(ぎょらにすと)にはいまさら釈迦に説法かもしれませんが、知らない人もいらっしゃることと思われますのでいちおう解説しましょう。

生すじこからイクラ醤油漬を生成する方法はシンプルです。

①生すじこをバラす

②3%くらいの食塩を溶かしたぬるま湯で洗う(ほぼ海水と同じ塩分濃度)

③漬けだれに小一時間つけて完成(できればひと晩は漬けたい)

かようにシンプルではあるのですが、ネットで話題になったライフハック記事でこのプロセス①のところ、「生すじこをバラす」のが意外と面倒なんですよね。

これがもう、魚卵int(ぎょらにすと)積年の課題なわけです。

f:id:Meshi2_IB:20151009152648j:plain

生すじこはイクラが薄皮の中に詰まった状態になっています。タラコの外側にあるあんな感じの薄皮です。イクラ醤油漬を作るためイクラをひとつひとつの粒にバラす方法として、基本的には「塩を入れたぬるま湯の中でほぐす」ことになっています。

しかしこれがわりとアレでして。

f:id:Meshi2_IB:20151009152649j:plain

ご覧のとおり生すじこは結構かたまっているものなので、丁寧にやっていても意外とたくさんのイクラを潰してしまいます。すごくもったいないし、作業後に手がものすごく生臭くなります。まず一日は匂いが取れません。

想像してみてください。

メガネを押し上げるたびに手の平から死んだ魚の匂いがする世界を。

しかも時間がかかるのでイクラの味が落ちる気がするという不安な面もあります。

なんとか簡単にすばやく生すじこをバラす方法はないものか。 業を煮やしてインターネットをぐぐってみたら、

生すじこ イクラ – Google 検索なんですかコレは。
 
鮭が捕れる地方の人たちは「ラケット」を使っているらしいじゃないですか。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。