ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋に聴きたいピアノ「チック・コリア」の魅力とルーツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)午後の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:西村由紀江)ワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」。今週のテーマは、「秋のピアノ チック・コリアの世界」と題してお送りしています。

チック・コリアは、現在74歳で現役。ライブも精力的に行い、今年もグラミー賞で2部門受賞しました。ジャズ・ピアニストでありながら、ブラジリアンやロックなど、幅広い音楽性を持ち、アコースティックなピアノはもちろん、エレクトリック・ピアノやフェンダー・ローズ・ピアノまで、様々なピアノで変幻自在の表現をする彼の魅力に迫ります。「感覚が天才的なんですよね」と彼を絶賛する西村さんは、その魅力を次のように話します。

「チック・コリアのピアノって、とってもリリカルで自由で、時に情熱的なんだけど、決して熱くなりすぎないところが魅力ですね。ピアノの音色も楽曲も知的で、どこかクールな感じがします」(西村さん)

さて、本日21日のオンエアでは、チック・コリアとフェンダー・ローズ・ピアノとの出会い、ベースのスタンリー・クラークらと組んだバンド「Return to Forever」と同名のアルバムなどを紹介。最終日の22日には、チック・コリアの音楽のルーツである父親について、そしてラテン気質な理由が明かされます。秋晴れに合うチック・コリアのピアノを聴きながら、ゆったりとした午後のひと時をお過ごしください。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP