ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつものテレビが孫専用チャンネルに!3世代の絆を深める「まごチャンネル」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

祖父母から孫まで。3世代をつなぐ心温まるプロダクトが、Makuakeに登場した。

まごチャンネル」は、スマホで子どもの動画や写真を撮るだけで、離れて暮らす実家のテレビに届くIoTサービス

言い換えれば、おじいちゃんとおばあちゃんのために用意された、“孫専用チャンネル”である。

・ケーブル1本でセットアップ完了

「まごチャンネル」の特徴は、すべてが高齢者向けに作られているところ。セットアップは、本体の受信ボックスを、テレビにつなぐだけで完了する。

受信ボックスの中に通信回線が内蔵されているから、インターネットやLANも必要ない。ケーブル1本接続するだけで、視聴準備が整うのだ。

操作は、普段使っているテレビのリモコンで行う。インターフェースもごくシンプルで使いやすい設計。デジタル機器が苦手なシニア世代でも、これなら安心。気軽に楽しむことができる。

・家に火が灯るように優しく新着を通知

送信する側は、「まごチャンネル専用カメラアプリ」で、いつものように子どもの写真を撮る。

撮影した写真や動画は、自動的に実家のテレビに送られる仕組み。パパやママの手間も、一切かからない。

写真が届くと、家の形をした本体の窓に、灯りが優しく灯り、新着を通知する。

離れて暮らす孫の姿を、リアルタイムで鑑賞。そんな幸福を一瞬にして味わえるところが、「まごチャンネル」の醍醐味だ。

「遠く離れた両親に、もっと手軽な方法で、孫の姿を見せてあげたい」。開発者のそんな思いから生まれた本プロダクトは、サイト内でも大人気。目標額の、4倍の支援を集めている。

プロジェクトの公開は、10月28日まで。支援は現在、1万4800円のコースから受け付けている。

まごチャンネル/Makuake

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP