ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“世界で最もおいしい料理”マッサマンカレーのレトルト(丸大食品)が異様にウマすぎる件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どーん!

丸大食品「シェフの匠 マッサマンカレー」(170g×3袋入)。米CNNが運営する情報サイト「CNNgo」が発表した“世界で最もおいしい食べ物トップ50”の第1位に輝いたタイの伝統料理「マッサマンカレー」。

日本で流行り始めてからいろいろな店を食べ歩いてみたが、自称「愛食家」である僕の胃袋に強烈なタイキックを浴びせたのが、コレだ。

「おいおいレトルトかよ!」と侮るなかれ。

ブレンドしたスパイスの香りとココナッツミルクのコク、魚醤と蝦醤(シャージャン)の旨み、ほんのり甘い風味豊かなタイカレーの特徴はそのままに、かなり日本人好みの味にブラッシュアップされているのだ。

カレーはダンゼン“手づくり派”の嫁が「何コレ? ウマッ!!」と唸り、食わず嫌いの多い息子2人(5歳と3歳)がガツガツと小さな口にかっこみ、異国料理が大の苦手な婆ちゃんにさえ「まぁまぁやな」といわせたのだから間違いない。

イオンの食品コーナーで出会って以来、我が家には常に5袋(=15食)以上のストックがキッチンの奥に並んでいるほどだ。

そんな丸大のマッサマン、もちろん普通に白飯にかけるだけで美味しいんだけど、今回はウチがいつもアレンジしている食べ方を公開してみよう。

用意する材料はこちら。

材料(3人前) 「シェフの匠 マッサマンカレー」(3袋) 冷凍むきエビ(大/適量) 鶏もも肉(皮付き/適量) ブロッコリー(適量) 玉ねぎ(適量) ニンニク(適量) バター(適量)

適量……つまり全部「お好みで」ってことで。

あと写真にないけど、お米を炊くのも忘れないように。

(ご飯はカタめがベスト。タイ米なら尚良)

まずはフライパンを軽く熱し、バター&ニンニクを投入!

もうこれだけでお腹減るよね♪

すかさず、みじん切りにした玉ねぎもIN。

ニンニクは炒めすぎると焦げちゃうので、気になる人は先にOUTしておこう。

玉ねぎにほどよく火が通ったところで、自然解凍したエビもフライパンへ。ちなみに、カッチカチのままでも全然OK。なぜなら、ここから玉ねぎが飴色になるまで15分ほど炒める…いや、バターと水分(玉ねぎとエビの)で煮詰めるから。

見た目の目安は↓のような感じ。

玉ねぎが飴色になりかけたら火を止めてもいいけど、もっと水分を飛ばして玉ねぎをカリカリにすると、また違った食感が楽しめるゾ。

エビは熱すると小さくなるので、やや大きめのものがオススメ。

バターとニンニクの旨みをしっかり吸収して、「もう食べて〜〜」という感じに仕上がっているが、しばし放置プレイ。

次に、カレーライスの具材ではなく、おまけの楽しみ方のために、

茹でたブロッコリーと、カリッカリに焼いた鶏もも肉を用意。

鶏もも肉は皮面からフライパンで焼き(油は自然に出るので不要!)、大胆なくらい焦げ目がついたら皮面を下にしてスチールトレイに乗せ、一度冷蔵庫に。10〜20分くらい冷やすだけであら不思議…サクサク切れちゃう〜♪ フライパンに鶏もも肉を戻して火を通し、調理終了。

鶏もも肉を調理するのが面倒な人は、

チキンナゲットをレンジでチンするなどして手間を省こう。


丸大食品「国内製造 チキンナゲット ふんわり&ジューシー」(280g)

今回は豪華にチキン2本立て!

あとは、レトルトを温めて、

よそったご飯の上にバター&ニンニクで炒めた玉ねぎ&エビを乗っけて……

完成!

まずはブロッコリー、鶏もも肉、チキンナゲットを

ディップ、ディップ、ディップ♪♪♪

アンティパスト(前菜)を楽しんだあとは、メインディッシュのマッサマン。

この日のお米は、お隣さんからいただいた魚沼産のコシヒカリ。

家庭を持ったら、新潟出身の人と仲よくするといいことがたくさんあるゾ(米は長持ちするし)。

う〜ん、やはりウマー☆

マッサマン特有の香りと深い味わいのカレーソースが、プリップリのエビとベストマッチング! 舌触りに変化をつけるための玉ねぎも、最高の脇役を演じている。追加の具材にバターをたっぷり使っているので、個人的にはバターライスorサフランライスじゃない方が好みかな。

逆に本場のタイでは味わえない、世界一のマッサマン“レトルト”カレー。

丸大食品「シェフの匠」シリーズは、味のクオリティはもちろん、具もしっかり入っているので満足度かなり高め。

ちなみにライスだけじゃなく、ナンにも合うんだってさ。鉄板だね。

今度試してみよっと。

 書いた人:松本京也

我何者でも無し。いま人生の岐路に立つ。ただ「食」を愛し貪る者なり。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP