ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「Galaxy S5 SCL23」のソフトウェアアップデートを開始、Android 5.0アップデート後の不具合に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 10 月 14 日、Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy S5 SCL23」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートでは、Android 5.0 にアップデートした後、「auスマートパス」、または「au Market」の起動時に「KDDI インストーラーエラー」が発生する現象の修正のほか、卓上充電器に接続したいる場合にはディスプレイを表示させないよう設定していても表示される現象の修正が行われています。SCL23 のアップデートは端末単体で実行でき、端末の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「今すぐ更新」の順にタップしていくと手動で実行できます。アップデートにかかる時間は 11 分 ~ 23 分で、アップデート後のベースバンドファームのビルド番号は「SCL23KDU1COI2」になります。Source : KDDI

■関連記事
イタリアのAmazonでMoto 360(2nd Gen)が販売開始、日本への発送にも対応
IIJ、「BIC SIMカウンター」のサービス内容拡充を発表、SIMサイズの変更や再発行等などに対応
ASUS、ZenFone 2用の公式ブートローダーアンロックツールを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP