ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デザイナー澤田圭の世界がアパレルブランド『ワガママインド』として誕生 / キャラ数2000種類以上!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デザイナーとして有名な澤田圭先生の世界観がそのままアパレルブランドになった! その名も『ワガママインド』のお披露目イベントが原宿で開催され、多くの女子たちが駆けつけ、大盛況となった。

・著名なアーティストが集まった!!
あまりにも多くのファンが駆けつけたため、臨時で椅子を用意したほど。この日は澤田先生をはじめ、KERAモデルの紅林大空、人気ロックバンドKNOCK OUT MONKEYのナオミチ、写真家のJulie Wataiがゲストとしてステージにあがった。それだけ著名なアーティストが集まったのだから、ファンがほっとくわけがない。

・カブキンがあまりにも場違いな存在!?
司会進行は、ユーチューバーグループとして活躍しているGUTS AND DEATHが務めた。

そのメンバーのひとり、カブキンもステージにあがって『ワガママインド』の良さをアピールしていたが、カブキンがあまりにも場違いな存在だったため、「私は『ワガママインド』との関係はありません」と発言し、会場の笑いを取っていた。

・2000種類以上とは驚きだ!
澤田先生が描いたキャラクターの種類は2000種類以上にもおよび、「女子中高生をターゲットとしたkawaiiものから男性でも使いやすいクールなものまで」あらゆるデザインのファッションを提案していくという。

それにしても2000種類以上とは驚きだ! 1日1キャラ描いても5年以上かかる計算である!

・キャラクター単体でもユニークな展開
澤田先生のプロフィールはあまりにも凄い。神戸芸術工科大学芸術学部視覚情報デザイン学科を卒業し、卒業制作では1000種類のキャラクターを描いて最優秀賞を受賞した凄すぎる人物。

『ワガママインド』のパーカーやバッグ、リュック、コスメポーチなどを見ると、無数のキャラクターが描かれているのがわかる。全体でもおもしろいし、キャラクター単体でもユニークな展開が期待できそうだ。

https://youtu.be/MJ3ikh2vVeE

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+
Via: ワガママインド http://waga-ma-mind.tokyo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP