ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“スマホと手”だけで十分!?デジタル社会を風刺するフォト作品が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ありふれた日常生活のワンシーン。

けれど、見えているのはスマートフォンと操作する手だけ。

ちょっとドキッとしてしまう写真シリーズのタイトルは「Hide And Seek」(かくれんぼ)。

制作したのは、ポーランドの写真家、Kamil Kotarba氏だ。

ネットを通じたコミュニケーションが現実の人間関係に与える影響を表現している。

「モバイル技術が発達して、私たちは現実のややこしい人間関係を避けるようになった」

「その結果、私たちは現実でもバーチャルでもない存在になりつつある。まるでスマホのスクリーンを通してかくれんぼをしているようなものだ」

すぐ近くの席にいるのにメールで用件を伝えてしまう。

そんな経験は誰にでもあるはず。

けれど客観的に見れば、それはこの写真と同じように奇妙な行為なのかもしれない。

Kamil Kotarba
https://www.facebook.com/kotarbakamil

スマートフォン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP