ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界最速の芸術鑑賞!旅するアートカフェ鉄道「現美新幹線」が運転開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来年2016年の春、JR東日本の上越新幹線の越後湯沢~新潟間で、“旅するアートカフェ新幹線”が運転を開始する。

現美新幹線~GENBI SHINKANSEN~」は、乗客が“新しい東日本エリアを発見・体験”し、“日常から開放されるための”新しい旅のプラン

同新幹線の特色は、車内の至る所にアートが飾られており、美術鑑賞や車窓からの景色を楽しみながら、カフェでお茶もいただけるところ。

このたび来年の運転開始に先駆けて、車両のエクステリアデザインのイメージが公開された。

デザインを担当したのは、写真家・映画監督として知られる蜷川実花氏

新幹線の車体全体に、夏の夜空を彩る“長岡の花火”を描いている。

また11号車から16号車までは、写真家の石川直樹氏や画家の古武家賢太郎氏といった、世界を舞台に活躍する7組のアーティストが、それぞれの車両空間を演出。

そのほか、「ツバメコーヒー」や、菓子研究家のいがらしろみ氏が監修した、こだわりのコーヒーやスイーツがいただけるカフェ専用車両も設置予定だ。

同新幹線は105人の座席を設置。土日を中心に臨時列車として、年間120日運転を予定しているそう。

現美新幹線~GENBI SHINKANSEN~」の総合プロデュースは、飲食を中心に、オフィスや旅館のプロデュースまで幅広く手掛ける「トランジットジェネラルオフィス」が担当。

大輪の花火で彩られた“世界最速の美術館”の誕生が、今から楽しみだ。

現美新幹線~GENBI SHINKANSEN~
http://www.jreast.co.jp/genbi/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP