ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文学ファン熱狂!作品原稿がそのまま蝶ネクタイ型ブローチになった「文芸リボン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本が誇る純文学の数々には、一度その魅力に惹きつけられたら抜け出せないという人が多いようです。それはまさに、体に染み込んでいくようなイメージではないでしょうか。そんなイメージが形に表れたようなアイテムがヴィレッジヴァンガードから登場しました。それが今回ご紹介する「文芸リボン」。ご覧の通り、太宰治や宮沢賢治といった文学作品が印刷された原稿用紙を、なんとそのまま蝶ネクタイ型のアクセサリーにしたもの。思い切った発想が注目を集めています。見せかけの別の素材などではなく、本物の原稿用紙が使用されているのには驚きです。モチーフになっているのは著作権保護期間の満了した小説ばかりで、印刷後に軟質のラミネートシートや布で加工したものを、手縫いで形を整えてあります。裏側にクリップと回転式ブローチピンがついているので様々なアクセントが楽しめそうですね。制作しているのは個人アクセサリーブランドの「新星急報社」で、ライナップとしては太宰治の人間失格」、「斜陽」「女生徒」、宮沢賢治の注文の多い料理店」、「銀河鉄道の夜」、中原中也の汚れっちまった悲しみに」、柳田国男の遠野物語」など多数です。分野の違う作家がバランス良く取り揃えてあるので、選びがいもあります。価格は税込2268円で、小サイズは税込1944円。現在ヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで販売中なのですが、大変な人気で品切れ続出中!再入荷した際は、直感でいいと思ったものを即購入することをオススメします。

文学好きを唸らせるような渋さと、現代の「カワイイ」を体現した部分を併せ持っている素敵な「文芸リボン」。好きな文学作品を “身に着ける” なんてすごく粋ですね。

ヴィレッジヴァンガードオンラインストア

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

あの「こけしのイヤホンジャックアクセサリー」に新作の弥治郎系と作並系が登場
これは気になる!昭和のKawaii、中原淳一デザインの浴衣が完全復刻で数量限定販売
ほどよい可愛さっ。デザインとしての平仮名をアクセサリーに「ひらがなピンバッジ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP