体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祖父母の家への孫の本音 ~ 5人に1人はトイレが苦手

祖父母の家への孫の本音 ~ 5人に1人はトイレが苦手

住宅リフォーム推進協議会の調査によると、孫が祖父母の家で楽しいと思うことは「一緒にご飯を食べること」、孫が苦手な場所は祖父母の家の「トイレ」ということが分かった。調査の目的は、長く住み続けている祖父母自身が気づかない、自宅の問題に気づいてもらうことだというが、どういった問題があるのだろうか?【今週の住活トピック】
祖父母の家に対する意識調査」調査報告書発表/住宅リフォーム推進協議会子どもや孫は、祖父母の家の「寒さ」が気になる?

『祖父母の家に対する意識調査』の結果が報告されたのは、2015年9月30日に開催された、住宅リフォーム推進協議会の『リフォームで生活向上プロジェクト』本格始動についての記者発表会でのこと。

筆者が最も関心を持ったのが、祖父母の家に対する孫・子どもの印象を聞いた、この調査だ。同じ家に長く住み続けている祖父母は、新しい住宅や設備と比べて、自宅が不便だったり快適でなかったりして、実は我慢して暮らしていること自体に気づかないことが多い。

以前同じ家に住んでいたことがある子どもと少なくとも3、4カ月に1回は訪れる孫が、祖父母の家についてどう感じているのかを調査し、改めて祖父母に自宅の問題点に気づいてもらい、リフォームへとつなげたいというのが狙いだ。

祖父母にとってうれしい結果としては、孫が楽しいと感じるのは「一緒にご飯を食べること」(65.3%)、「一緒におしゃべりをすること」(53.7%)が半数を超え(図1参照)、家族で一緒にいることが楽しいと回答していることだろう。

【図1】祖父母の家で楽しいと思うこと(トップ10を抜粋)/出典:「『祖父母の家に対する意識調査』調査報告書」住宅リフォーム推進協議会

【図1】祖父母の家で楽しいと思うこと(トップ10を抜粋)/出典:「『祖父母の家に対する意識調査』調査報告書」住宅リフォーム推進協議会

一方で、孫が祖父母の家で最も苦手な場所として挙げたのが「トイレ」(19.7%)(図2参照)。理由には、「寒い」「暗い」「古い」が目立つ。また、子どもが改めて実家を見ると、両親の家は至る所で「寒い」のが不満(図3参照)ということも分かった。床の冷たさは、小さな子どもがいるとなおさら気になる点だろう。

【図2】祖父母の家で苦手な場所(トップ10を抜粋)/出典:「『祖父母の家に対する意識調査』調査報告書」住宅リフォーム推進協議会

【図2】祖父母の家で苦手な場所(トップ10を抜粋)/出典:「『祖父母の家に対する意識調査』調査報告書」住宅リフォーム推進協議会

【図3】両親の家の不便・不満だと思うところ(トップ10を抜粋)/出典:「『祖父母の家に対する意識調査』調査報告書」住宅リフォーム推進協議会

【図3】両親の家の不便・不満だと思うところ(トップ10を抜粋)/出典:「『祖父母の家に対する意識調査』調査報告書」住宅リフォーム推進協議会
さらに、不便を感じる点として、階段が急だったり、バリアフリーでないことも子ども側は指摘している。孫の中には、「おばあちゃんが階段がきつそうだから」、「おじいちゃんのために段差をなくしてあげたい」などの“思いやりリフォーム”を望む声もあったという。自分たちが快適に暮らすためにも、省エネ、バリアフリーリフォームを

孫や子どもの不満を解消するリフォームをすれば、訪問頻度が必ず増えるということではない。しかし、省エネやバリアフリーのリフォームは、小さな子どもはもちろん、高齢者自身も快適に暮らせる条件でもある。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy