体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

季節の変わり目は餃子を食べて元気をだそう! 「第12回 鬼怒川温泉餃子祭り」開催

f:id:naruse_e:20151006201851j:plain

秋が深まり、だんだんと肌寒くなってきたこのごろは、風邪引きさんが増えるもの。こんなときこそスタミナ満点のおいしおいしいものを食べて、季節の変わり目を乗り越えたい!

そこでオススメするのが、2015年10月10日(土)~10月11日(日)栃木県日光市にある東武ワールドスクウェアで開催される「第12回 鬼怒川温泉餃子祭り」だ。なぜ餃子? それはニラとにんにくに含まれるアリシンは病気から体を守り、豚肉に含まれるビタミンB1と一緒に食べることで疲労回復の効果を強くするから。そんな元気の源を、三大栄養素の一つである炭水化物を主成分とした小麦粉で包んだ餃子は、まさに栄養満点の滋養グルメともいえるべき逸品。「鬼怒川温泉餃子祭り」では、栃木県が誇る宇都宮餃子の老舗・人気店の味を食べ比べることができるゾ。

 

宇都宮餃子ってどんなもの?

f:id:naruse_e:20151006202008j:plain

ところで、そもそも「宇都宮餃子」とはなんだろう。そのルーツを調べてみると、諸説あるものの、戦時中に宇都宮市出身の軍人が満州に駐屯し、帰国に際して本場の餃子の製法を持ち込んだのが始まりと言われている。

当時は一人前がおやつ代わりの低価格で提供されたことや、餃子の材料となる小麦やニラが栃木県で国内屈指の生産量を誇ることなどから、手軽な市民の外食として普及。現在では餃子を扱う店が宇都宮市内だけでもなんと300店舗以上も存在し、餃子の消費量も全国トップを争う市民のソウルフードとなったのだ。

 

そんな宇都宮餃子、実は明確な定義は存在せず、店によってタネも大きさも異なり、焼餃子に水餃子、揚餃子とバラエティ豊か。宇都宮に関係する店が、工夫を凝らして最高の食べ方で提供する餃子、それが「宇都宮餃子」(※「宇都宮餃子」は協同組合宇都宮餃子会の商標登録)なのだ。

 

気になる出店店舗一挙にご紹介!

f:id:naruse_e:20151006202058j:plain

会場にはじゅわっと響く皮を焦がす音と、肉とにんにくの香ばしい香りが広がり、着いた瞬間から食欲が止まらない! 宇都宮餃子会加盟店の14店舗が参加し、自慢の味で胃袋を満たしてくれるゾ。餃子はどれも一皿4個で250円とリーズナブル。ここで参加する14店舗を紹介しよう。

 

青源

f:id:naruse_e:20151006202146j:plain

寛永2年に創業した老舗味噌屋が、味噌の可能性を広げたいと開発した特選餃子。アンにも特製味噌を加え、深いコクと旨味が広がる。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。