ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイマス「Dreaming!」がビルボードアニメチャート1位 上位3曲が全て新曲の波乱週を制す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月30日発売のシングルが上位3曲を独占する波乱の一週間となった今週のビルボードアニメチャート。そんな中、1位となったのは、アイドルグループ・プロデュースゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』のCDシリーズより、春日未来(CV:山崎はるか)、最上静香(CV:田所あずさ)、伊吹翼(CV:Machico)のによる新曲「Dreaming!」。発売週の強みを活かし、フィジカルセールスで圧倒的なポイントを積み上げ首位となった。

 また、今週2位となったのは「アイマス」と並ぶ人気シリーズ「うたの☆プリンスさまっ♪」からの新作『Shining All Star CD2』に収録された「天空のミラクルスター」。こちらもやはりフィジカルセールスで大きくポイントを積み上げた。この2シリーズは、リリースの度に大きなフィジカルセールスを記録する、アニメチャート全体のキラー・コンテンツとなっている。

 CDセールス前ながら今週チャートインしているのが8位の乃木坂46「今、話したい誰かがいる」と9位のKEYTALK「スターリングスター」。2曲はぞれぞれ映画『心が叫びたがってるんだ。』とTVアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌で、いずれもラジオやTwitterでポイントの大半を積み上げてのチャートインとなった。特に、今週2週目のチャートインとなった乃木坂46「今、話したい誰かがいる」は、今週よりデジタル配信もスタートし更に弾みをつけて、10月28日のCDリリース時には上位進出する可能性が濃厚な一曲だ。

 ロングヒット系ではUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」に再び注目。今週で21週目のチャートインとなる同曲だが、いまだにデジタルセールス3位、Twitter 4位、YouTube 6位と盤石の態勢をキープしており、すっかりチャートに定着している。ここから「ひまわりの約束」や「RPG」のようなモンスター級のヒットまで届くのか。引き続き経過確認したい。

関連記事リンク(外部サイト)

10月12日付 Billboard JAPAN HOT Animation
サカナクション「新宝島」、西野カナとE-Girlsを押さえ、ビルボード総合首位獲得
ジャスティン・ビーバー 洋楽チャート3週目の首位をキープ、ジャネット待望の新曲が5位に初登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP