体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

60代のリフォーム実例、シニアライフを楽しむためのコツとは

60代のリフォーム、二世帯住宅から人が集まるゲスト・ハウスへ!

住まいをリフォームするのが最も多い年代は、持ち家人口が多い60歳代。主に古くなった自宅をバリアフリーや断熱性能を上げるといった老後に備えるケースだが、今回取材した60歳代のリフォームは様子が違った。
「60代、まだまだ人生守りに入らず攻めるゼ!」と言わんばかりの、よりアクティブに生きるためのリフォーム実例。
是非、これからの住まいを考える参考にして頂きたい素敵なお宅です!
寝室もオープンに!? 住まい全体がパブリック空間

その60代夫妻、石川さんのお宅は、神戸市の中心地にある3階建ての一戸建て。15年前、ご両親との二世帯住宅として建てたが、5年前に他界された後にリフォームをした。

「3階が私たち世帯のフロア、キッチンまわりりがとても使い難くリフォームしたかったの」と、妻。
インテリア会社を経営する妻が、新築時もそうであったが、リフォームについても全て主導。
「リフォームの必要が無いと言う主人には、『テレビを大きくするから!』となだめました(笑)」

【画像1】スタンダード・プードルの〝花ちゃん〟がお出迎え。 材木店から調達した天井の丸太は、ナチュラル感を創リ出すアクセントに(写真撮影:NOB川谷)

【画像1】スタンダード・プードルの〝花ちゃん〟がお出迎え。
材木店から調達した天井の丸太は、ナチュラル感を創リ出すアクセントに(写真撮影:NOB川谷)

インテリアは空間から家具など小物に至るまで妻がデザイン。Shabby chic(シャビーシック)なインテリアは見れば見るほど、手のかけられたリフォーム&リメイクに驚かされる。

中でも斬新なのは間取りの変更。元は1LDKで寝室が独立し、キッチンはカウンター式のセミオープンだった。そのキッチンを【画像2】のオープンな寝室に変更し、新キッチンは旧寝室に独立させた。

【画像2】寝室からリビングルームを望む。花ちゃんお気に入りのソファ(写真撮影:NOB川谷)

【画像2】寝室からリビングルームを望む。花ちゃんお気に入りのソファ(写真撮影:NOB川谷)

「沢山の来客があっても、仕切りの無いオープンスペースだと好きな場所で寛いでもらえるでしょ。主人は眠くなれば、すぐベッドで寝ています」
この、いつでもWelcomeのゲスト・ハウスには、友人たちが頻繁に訪れるようだ。

個室を設けず、全てオープンにしても整然としていられるのはアクティブ・シニアの住まいならでは。子育て中や仕事に追われる身となると、散らかり放題でドアの向こうに隠したくなるものだ。

【画像3】寝室はリビングとの間にコラム(支柱)を立て、カーテンと共に緩やかにスペースを仕切っている(写真撮影:NOB川谷)

【画像3】寝室はリビングとの間にコラム(支柱)を立て、カーテンと共に緩やかにスペースを仕切っている(写真撮影:NOB川谷)季節や目的に合わせて、家具のレイアウトや小物を変えて楽しむ

テレビを大きくする約束でリフォームを説得された夫は、と言うと…
70インチ大画面のテレビでゴルフ番組を鑑賞中。花ちゃんを足下に、ご満悦の様子。

【画像4】寝室【画像3】の木製引戸の真ん中を開くと、テレビが現れる。その両端は収納(写真撮影:NOB川谷)

【画像4】寝室【画像3】の木製引戸の真ん中を開くと、テレビが現れる。その両端は収納(写真撮影:NOB川谷)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy