ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火星移住が現実に!?NASAのコンテストで優勝した「火星の氷の家」に世界が注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“火星には、今も水が流れている”。先日、NASAが発表したニュースは、世界を震撼させた。

水はすべての生命にとって、必要不可欠なもの。その存在が証明された今、火星で生物が生きられる可能性は、ますます濃厚になったということになる。

偶然か否か、このニュースと前後して登場したのが、日本人建築家を含むデザインチームによる「MARS ICE HOUSE(火星の氷の家)」。

NASAが主催したデザインコンテスト“3D Printed Habutat Challenge”にて、見事第1位を獲得。全米のメディアから、注目を集めている。

・火星の氷を3Dプリントしてその場で建築!

「MARS ICE HOUSE」の建築コンセプトは、火星の水を用いた氷の壁で、放射線を防ぐというもの。多数の応募作の中で、氷に着目したのは同グループだけだったそうだ。

さらに斬新なのは、現地での建築を大前提としている点。実際に火星へ行って素材を3Dプリントし、その場で建物を築いていくところが、本プランの要だ。

平均気温マイナス40度の火星は、地球上のどの地域よりも寒いばかりか、空気も薄く、乾燥した大地。「MARS ICE HOUSE」は、その点もきちんと考慮している。

建物自体が、太陽の光をフィリタリング。窓は耐食性に優れたETFE製で、放射線遮断ガスが充填されているし、着陸船とハウスの間に庭園を設け、酸素と食物を補給することも忘れていない。

・建設は十数年後!?火星移住の可能性に期待

そうは言っても、実際の建設はまだまだ先の話。2030年代の火星探索時に、ロボットを使って建築するというのが、現段階におけるNASAの計画らしいが、あくまで予定に過ぎない。

火星で暮らす夢が現実になるのか、それを知っているのは、十数年先の未来だけだ。

MARS ICE HOUSE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP